作成日 : 2009-09-06 02:28|HIT : 3223
黄龍>石馬関

石馬関
丹雲峡に入る険しい関所の一つ目で海抜が2575メートルで西に向かう石壁の上に一匹の走る天然の石馬の浮き彫りがある為に石馬関と名付けられた。
両岸の山の峰が4800メートルに達する。石馬関を観覧する最も良い位置は山の中腹に立てられた観景色亭である。ここで石馬を観覧すれば、その表情と態度が更に本物そっくりである。東岸の山の中腹には烽火台の跡がある。その烽火台は風涛に伴って、兵事と戦争、ぼんやりと昔の軍事要塞の威風が見えるようである。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3