• ブックマック
  • オンライン 16
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西南地区


Total 148건 9 페이지
峨眉山>報国寺

明の末にできたお寺で最初の名前は「会宗堂」でしたが、中に儒教人物、仏教の仏様、道教の神様の造像を奉っていました。清の康煕皇帝がお寺を改造させた後、報国寺という名前を付けました。戦争時代、蒋介石さんと夫人・宋美齢さんが峨眉山の紅珠山別荘に泊まった時、よくこのお寺参りに来たそうです。今は峨眉山の一番交通…

峨眉山紹介

1996年世界文化自然複合遺産に登録された峨眉山は五台山、普陀山、九華山と一緒に中国四大仏教名山の一つとして名が知られています。成都市から約156キロ、バスで約2時間かかりる所に位置してます。峨眉山の最高峰万仏頂の海抜が3099m、2番目高い峰金頂の海抜が3077m、いずれも山麓の海抜より2500m…

楽山大仏>凌雲禅寺

楽山大仏が位置してる山上にある仏教のお寺ですが、楽山大仏があるので、有名になったのです。現在は地元及び四川省の子供ほしい夫婦の願いをする最高のお寺になっています。

楽山大仏>霊宝塔

唐の時代できた仏塔で、高さ38メートル、13階建てです。各層には石刻の仏像が安置されている室があり塔頂に登ると、美しい山が一望できる。地元の水夫達のお守りとして立てられたそうですが、今は楽山大仏の一つ観光地になっています。

楽山大仏>東方仏都

1994年5月オープンした観光地で、総面積20万平方メートル、中に各地の仏像の模倣品3000件余りを奉っています。特に有名なのは長さ170メートルもある涅槃像です。

楽山大仏>海師洞

楽山大仏位置してる山上にある一つの洞窟で、伝説によるとそれは海通お坊さんが座禅修行と休憩の所だそうです。地元の人が尊敬の意味を込めて、海師洞と名付けたのです。

楽山大仏>涅槃像

大仏ある山とその周辺の山の形が仏様に向けの寝相に似ていますので、涅槃像と呼ばれたのです。

楽山大仏紹介

1996年峨眉山と一緒に世界文化遺産と自然遺産に登録されました楽山大仏は、成都市から約130キロ離れ、バスで約1時間半かかる現在楽山市町郊外にあります。大仏全体の高さが71m,頭部長さが14.7m,頭部の直径が10m,首長さが3m,耳長さが7m,耳の中は二人が並べて立てるぐらい広いです。そのほか、指…

ラサ>甘丹寺

ラサで45km程度落ちたところにあるこの寺院はチベット仏教の色々な分派中 黄色い帽子をかぶって通う僧侶らの本拠地で比較的規模が大きい。 哲蚌寺と色拉寺をたてる以前に1409年に創建された。 その以後チベットの蜂起と文化大革命でたくさん毀損されで現在はその復旧のために大々的な努力を傾けている。 こちら…

ラサ>哲蚌寺

ラサの西の方に8km程度落ちたところにある寺院でチベットで最も大きい規模である。白い建物が印象的。 1416年チベットの高僧のチョンカパの指示で創建されその後の5代ダライ・ラマが建て増しした。 ポタルラ宮が建てられる間ダライ・ラマがこちらで統治したりもしたし一時は10,000人余りの僧侶が修道をした…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?