• ブックマック
  • オンライン 14
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西南地区


Total 148건 8 페이지
黄龍>五彩池

面積約2万1千平方メートル、湖約693個、黄龍の最大の湖群です。河の発源地に一番 近い湖なので、一年中水が豊富です。また、「人間世界の瑶池 とも呼 ばれる黄龍最高の見所です。太陽光線により、紺碧、紫、翡翠緑などなど言葉では表現できない色を呈します。

黄龍>金沙鋪池

この一帯はカルシウムと石灰成分が豊富で底が黄金色に見えるので金沙鋪池で呼ばれるそうです。

黄龍>洗身洞

滝を成し遂げる絶壁には洗身洞という洞窟があります。 穴の深さは不詳であるが科学者の考証によるとこの洞窟は億万年前の古い氷河の排水口の一つである。仙人がお風呂に入る処であり、お風呂から上がってから修行する事が出来るとの伝説もある。明の時代より天地の霊気を感じ取る為に各地の道教、チベット仏教の僧侶は此処…

黄龍>争彩艶池

争彩艶池は面積約2万ヘ平方メートル、約658個の湖で構成される。色んな鉱物湖底に溜まってるし、各湖の水深 もそれぞれ違うし、周りも色んな植物囲んでるから日差しにより、時間と角度によって、金色 、緑色、真っ赤色、オレンジ色などに見えたりするので、極めて見る価値がある。争彩艶池は現在世界で最も壮観で最も…

黄龍紹介

黄龍風景区は四川省の松潘県に位置し、成都から400キロぐらいで、岷山の主峰-雪宝頂の麓にあり、仏教の名寺-黄竜寺によって[黄竜風景区]の名を付けます。風景区は長さが約7キロで、幅が300メートルの石灰化山谷で、総面積が4万ヘクタールです。谷には3400ぐらいの天然泉が山に沿って流れます。黄竜風景区は…

峨眉山>清音閣、九老洞

清音閣・九老洞観光地は、清音閣から九嶺岡までの一帯で、海抜が7751900メートル間、この峨眉山の中腹の山岳地帯は、奥深い谷の中にあり、両岸の高山は直立して、降雨量は豊かで、植物はこんもりと茂っており、谷の底に水が流れる。静寂だが、景色は美しい。洪椿坪、仙峰寺の一帯では、サルの群を観賞することができ…

峨眉山>華蔵寺金頂

紀元一世紀に建立されたお寺で、最初の名前は「普元殿」でした。明時代に「新明華蔵寺」に改名され、純金でお寺の仏殿を金鍍金しました、日が当たる時、輝きまして非常に注目的だったのです。それで、華蔵寺所在の峰が金頂峰と名づけられたのです。しかし、歴史上の火災で、元の華蔵寺が焼かれ、元の建物が全部無くなりまし…

峨眉山>洗象池

このお寺には一つ小さい池があり、伝説によると普賢菩薩乗る象さんがその中で泳いだそうです。お寺の歴代のお坊さんが野生の猿に餌をやる習慣があるから、お寺周辺にはいつも沢山のかわいい猿さんがいます。現在猿を見るためにわざわざ洗象池まで行く中国国内観光客が多いそうです。

峨眉山>万年寺

唐代の詩人李白が数ヶ月も泊まり、「峨眉山月の歌」などの名句を遺したお寺です。宋時代に造られて巨大な普賢菩薩銅像がこのお寺の無梁殿に安置されています。無梁殿が古インドの建築方法で造った建物で、屋根が丸い、建物の中には柱がありません。「天が丸い、地が四角い」の古代思想により造ったものだそうです。万年寺ま…

峨眉山>伏虎寺

峨眉山麓にある尼さんのお寺で、報国寺から約3キロ離れています。お寺が何千年もの歴史がある森々原始林に囲まれていますが、しかし不思議な自然現象でこのお寺の仏殿の屋根にはいつでも落ち葉が見られません。清王朝時代の康煕皇帝も不思議に思い、お寺には「離垢園」の額を書いてプレゼントしたのです。今でもその額が伏…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?