• ブックマック
  • オンライン 11
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西北地区


西安市>藍田原人遺跡

5,667 2009.10.03 22:37

첨부파일

짧은주소

본문

藍田原人遺跡は于県の東南20キロの公王嶺にあります。
1963年5月、中国科学院などによる実地調査隊によって中年女性の原人の頭蓋骨の化石が発掘された。 頭骨が厚く、額は平らで、眉骨がたくましく、下あごが突き出したこの化石の鑑定の結果、およそ90-100万年前のもので北京原人よりも更に古く、藍田原人と名付けられました。同時に出土した動物の化石が40種類ほどあり、山の斜面には原人展覧ホールがある。

 

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 61건 1 페이지
西安市>車馬坑遺跡

車馬坑遺跡は西安市の西25キロの豊河西岸にある張家村付近にあります。1955年に西周遺跡を発掘した際に、発見された車馬坑はおよそ十ヶ所で、そのうち4つが整った状態で発見され、その中のひとつが展示されています。車馬坑は長さ5.6m、幅3.4m、深さ2mの長方形でガラスを張って保護されている。 発掘され…

열람중  西安市>藍田原人遺跡

藍田原人遺跡は于県の東南20キロの公王嶺にあります。1963年5月、中国科学院などによる実地調査隊によって中年女性の原人の頭蓋骨の化石が発掘された。 頭骨が厚く、額は平らで、眉骨がたくましく、下あごが突き出したこの化石の鑑定の結果、およそ90-100万年前のもので北京原人よりも更に古く、藍田原人と名…

西安市>鴻門宴遺跡

鴻門宴遺跡秦の始皇帝陵から約六キロ離れた西南に鴻門堡村という小村があり、この村は歴史上に発生した重大事件【鴻門の会】の遺跡の所在地です。鴻門は黄土大地を切り開いた洞窟状の地形です。村人は祖先から何世代もずっと、今に至るまでこの地に住み続けていますが、この黄土大地の姿は変化なく、昔の面影のままです。1…

西安市>大明宮遺跡

大明宮遺跡大明宮遺跡は西安駅の北1キロの龍首源にある全国重点文物保護単位で太極宮、興慶宮とともに唐長安城の三大宮城のひとつに数えられます。貞観八年、李世民は城の東北の禁苑内にある龍首源に「永安宮」を建て、そこを父李淵の避暑地にするつもりでしたが、完成する前に李淵は亡くなりました。 貞観九年に名称を大…

西安市>大清真寺

西安市内の中心地近くの鼓楼のすぐそばに位置する清真大寺は西安に住むイスラム教徒の宗教活動の中心で唐の玄宗の天宝元年(742年)に建てられ明の1384年に大修理が行われました。寺院は楼・台・亭・堂の4つの部分に分かれ、敷地は一万二千平方m、建築面積は約四千平方m、ほぼ完全な古代建築群で構成されています…

西安市>阿房宮遺跡

阿房宮遺跡は現在の西安市西郊外の三橋鎮の南、趙家堡と大古村の間にあり、阿城とも呼ばれる秦王朝皇宮の前殿です。 阿房宮は恵文王の時に創建され、秦王朝になってから拡張されました。当時の阿房宮の規模を非常に大きく、正殿の東西は500歩、南北50丈で、殿の上には一万人以上が座ることができ、殿の下には5丈の旗…

西安市>草堂寺

草堂寺は西安の西南約25キロメートルの青峰北麓、今の戸県草堂営村にある。草堂寺は姚秦時に逍遥園内の一部分であり、高僧鳩摩羅什が当時、仏教を翻訳した場所である。当時の約する場所は一軒の簡単な堂庵であり、屋根に草を葺いて作ったので草堂寺の名前はここから由来したという。境内の西側には唐時代に建てられた高さ…

西安市>太白国家森林公園

秦嶺主峰――太白山北麓の眉県境内にある太白国家森林公園は総面積2949ヘクタールで、8つの景区に分けられ、各種の見所は合せて137ヵ所ある。中国現存の森林公園の中では海抜が一番高く、下から上へ垂直分布の6つの景観林帯があり、典型的な生物群落がある。有名な動食物では金絲猿、赤腹雉、大山椒魚、ターキン、…

西安市>翠華山

翠華山は西安の南30km離れた髟ソ安蜴ソにあり、終南山の一部であり、主峰である終南山は海抜2604mの高さを誇る。山頂にはたくさんの名勝地、奇形の嶺と洞窟があり、渓流が流れている。山中の水湫池、氷洞、風洞、翠華廟などがある。翠華山の山崩れ国家地質公園は中国の山崩れ地質作用の最も発育した地区の一つであ…

西安市>朱雀森林公園

西安市戸県の南部に位置し、朱雀崖、奇秀峰、龍潭子、秦嶺梁、芦花河、氷河翠などの六つの景観区がある。園内は動植物資源が豊富で580種の各種植物が生息する。  

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?