西安市>藍田原人遺跡 > 西北地区

본문 바로가기

サイト内検索

西北地区

西安市>藍田原人遺跡

ページ情報

no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-10-03 22:37 view 8,266回 コメント 0件

本文

藍田原人遺跡は于県の東南20キロの公王嶺にあります。
1963年5月、中国科学院などによる実地調査隊によって中年女性の原人の頭蓋骨の化石が発掘された。 頭骨が厚く、額は平らで、眉骨がたくましく、下あごが突き出したこの化石の鑑定の結果、およそ90-100万年前のもので北京原人よりも更に古く、藍田原人と名付けられました。同時に出土した動物の化石が40種類ほどあり、山の斜面には原人展覧ホールがある。

 

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 61件 1 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.