• ブックマック
  • オンライン 15
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西北地区


Total 61건 5 페이지
西安市>小雁塔

小雁塔が建立されたのは景竜年間(707-710)、唐代の高僧義浄(635~713)が671年単身ペルシャの商船に乗り込み海路で出国しインドネシアやインドなど30あまりの国を回り695年に400あまりのサンスクリット語の経典を携えて帰国。ここで仏教経典の翻訳作業を行った。 同様の目的で建てられた慈恩寺…

西安市>興慶宮公園

唐代三大宮殿の一つである興慶宮跡地に造られた公園。敷地面積は、50万㎡で大部分は興慶湖である。唐の玄宗(685-762、在位712-756)が即位するまえに住んでいた邸宅を改築したもの。 現在の興慶宮には勤政務本楼の遺跡や沈香亭、花萼相輝楼、長慶軒、湖などがあります。勤政務本楼とは、玄宗皇帝が詔勅を…

トルファン紹介

トルファン盆地は新疆ウイグル自治区の東部山間、天山山脈の麓に位置し(世界でもっとも海から遠い盆地)の真ん中にある。 砂漠に囲まれて、真夏時節の気温が40゜Cを上回り、地面温度が80゜Cに達するため、「火焔山」と呼ばれている。有名な見所には高昌古城、交河古城、ボズクリク千仏洞、蘇公塔、艾丁湖、坎児井な…

西安市>兵馬俑

秦の始皇帝は中国史初の皇帝であったが、その強大な力を利用し大きな陵墓を建てた。これが秦始皇帝陵である。1974年に地元の住民により発見された。また兵馬俑坑は、この陵を取り巻くように配置されており、その規模は2万m2余におよぶ、きわめて大きなもので、3つの俑坑には戦車が100余台、陶馬が600体、武士…

西安市>歴史博物館

唐代の建築様式を取り入れた中国一の博物館であり、原始社会から明の時代までの長い歴史を代表する貴重な文化財がここに集められ収蔵品が37万点、そのうち6000点が常時展示されている。特に唐代の壁画展示が人目を引く。300の唐代の壁画から34枚を厳選し、公開している。いずれも中国最高のレベルに達しているこ…

西安市>西安碑林博物館

西安碑林博物館は西安城南門の東にあります。西安碑林は昔の西安の孔子廟を基礎として1087年に建てられました。この博物館は石碑展示室、石刻展示室、臨時展示室の3つに分かれて漢代から清代までの石碑が3000余基ある。館内にある唐の時代の景雲鐘は重さが6トンもあり1964年の世界名鐘展では世界名鐘に入選さ…

西安市>法門寺

西安市から西に行くこと120kmの扶風県に存在する名寺。後漢の恒帝と霊帝の時代(14789)に建立された寺で1987年修復時に地下宮殿が存在することが発見される。仏舎利をはじめ大量の貴重な文物が出土。

西安市>慈恩寺と大雁塔

648年唐の第三代皇帝高宗李治が亡くなった母、文徳皇后の慈恩を追慕して建立した寺で、高宗の皇太子時代に立てられました。652年唐代の高僧三蔵法師がインドから持ち帰った経典を安置するために大雁塔を建造し、則天武后の長安年間(701ー704)に大改造を行って十層になりましたが、その後の戦乱などで七層から…

西安市>鼓楼

鐘楼と向かい合って、西北に500メートルのところにももう一つの立派な古い建物鼓楼がある。鼓楼は鐘楼より4年早い西暦1380年に建てられた。土台の面積が1924平方メートルで、高さは34メートルである。土台全体が青いレンガで築き上げられている。楼閣は長方形で、表から見れば三階建てで、内部は実は重縁式の…

西安市>鐘樓

旧市街中心、大とおりの交差点に立つ西安のシンボル的存在。建立は1384年で高さは38Mもある外見は3層たが内部は2層になって建立当時は城門を開ける時の合図として鐘をならす所たった。.鐘樓のユニークな所は、1本の釘も使用せず1本柱様式で建造されている。今の鐘は模型で楼城の上では西安市街を一望出来る。

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?