• ブックマック
  • オンライン 24
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西北地区


Total 61건 4 페이지
西寧市>東関清真寺

市街の中心部にある、明代の14世紀後半に創建されたイスラム寺院で青海省最大の規模で、礼拝堂には5千人を収容できます。

トルファン>交河故城

トルファン市の西側、2本の河が交わる地にある城塞都市跡です。漢代から騎馬民族の車師人の住むところで、5世紀の滅亡後は高昌故城の副都となりました。現存する遺構は唐代以後のもので、東西1km、南北300mの敷地に土造りの寺院や住居跡が残っています。

トルファン>火焔山

トルファン番地の北端に100キロにわたって連なる山脈。この山では、日中、気温が40度を超えると辺りの地表温度は60度以上にもなり、赤いシワの山肌は陽炎で炎のようにゆらめく。「西遊記」の舞台の一つで有名な火焔山が陽炎で燃え上がる。孫悟空が鉄扇公主と戦った場所として有名。「西遊記」のモデルともなった三蔵…

トルファン>ベゼクリク千仏洞

火焔山北麓にある6~14世紀に彫られた石窟寺院です。 トルファン市から東へ60キロ。火焔山北麓のムルトゥク河の断崖に掘られた石窟寺院。幅400メートル。現存するのは64窟。開削は六世紀の麹氏高昌国に始まる。最盛期は十世紀、トルファンはウイグル高昌国の中心であったが、その頃のウイグル人はまだイスラム化…

トルファン>アスターナ古墳

トルファン市の市街の東南40キロにある高昌国の古墳群で、アスターナはウイグル語で「首府」の意。高昌故城の北西4キロ。4世紀から7世紀にかけてこの地に栄えた麹氏高昌国の古墳群。墓の数は五百個位。葬られているのは、多くは漢族の豪族で家族ごとに埋葬されている。 遺体はミイラ化し、同時に、副葬された埋葬品も…

トルファン>高昌故城

火焔山南麓にある5~7世紀頃に栄えたウイグル族・高昌国の城塞都市遺跡です。1.5km四方の正方形に近い敷地に日干しレンガ造りの王城や寺院などが残っていますが、風化によって廃墟のようになっています。玄奘三蔵がインドに向かう際に招かれましたが、インドからの帰りに立ち寄った時はすでに滅ぼされた後だったとい…

トルファン>蘇公塔

イスラム様式の尖塔で,トルファン郡王の蘇来満が、当地の反乱を鎮めて清朝の信頼を得た父・額敏を記念して1779年に建てたものです。高さ44mで、塔の下には教堂もあります。

トルファン>葡萄溝

火焔山西麓の谷にあるブドウ農園です。長さ9km、幅1kmにわたってブドウが栽培され、その場で食べることもできます。民族舞踊などのショーも行われる観光農園となっています。

敦煌>沙州市場

敦煌の東側にある敦煌博物館の向い側にに入れば多くの人々で込み合う所が現れるがここが沙州市場で過去の敦煌がシルクロードの中継地駅として旺盛な活動をした時の跡が残っている所なので活気にあふれる。特にこちらでは食べ物をならべて売る所が多くシルクロードで会うことができる食べ物らの総集合場所といえるほど地方の…

西安市>秦始皇帝陵

始皇帝は紀元前259年の生まれで、名は瀟政と言う。13歳で即位して、22歳で自ら政務を執った。当時の敵国を次々に滅ぼして、初めて中国を統一した。紀元前210年、巡事中に50歳で病死し、この陵に葬られた。陵の工事は70万の囚人を使い、36年を費やして、ようやく完成した。 盗掘に備え、地下の水脈を掘り抜…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?