• ブックマック
  • オンライン 16
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西北地区


Total 61건 3 페이지
西安市>青龍寺

西安市の東南部の楽遊原にあり、紀元582年に創建され、原名は霊感寺、紀元711年に青龍寺と改称された。唐の時代にはかなり有名な寺院で、日本との縁が深い。著名な「入唐八家」のうち、六名の僧侶がここで仏教を学んだ。最も有名なのは空海である。空海はここで恵果法師を師として、密宗を伝習した。1981年、日本…

西安市>大興善寺

西安の南郊外にあり、紀元716~720年、インドの僧侶善無畏、金智剛、不空らがここで密宗経典を翻訳し、密教を伝授したことにより、中国密宗の発祥地とされている。寺院の敷地は広く、唐代や宋代に造られた仏像をはじめ、彫刻芸術品、仏教建築の遺跡など数多く残されている。現在重要文化財に指定されている。

西安市>半坡遺跡博物館

半坡遺跡は,西安市東部の貊サ河と轣梔ヘの間に位置し,典型的な母系氏族公社村落の遺跡である。仰韶文化に属している。1953年に轣梔ヘ火力発電所を建設する時に偶然に発見された現存の面積は約5万㎡で,居住区、製陶区と墓葬区の三つに分かれている。半坡博物館は,1958年に設立され,中国の最初の遺跡式博物館で…

西寧>瞿雲寺

西寧市の南東65キロ、楽都県の県城の南20キロの渓谷に建つチベット寺院。山を背にし、川に面し、はるかに山を望む。チベットのカルマカギュ派の僧サンゲタシによって建立され、明の洪武26年(1393)、太祖より「瞿雲」という額を下賜される。漢民族の影響を強く受けた典型的な宮殿式の建築群で、中軸線上に山門、…

西寧市>日月山

日月山は青海省湟源県西部に位置して、祁連山脈に属して、古代の時期は中原から南西地区と西域などに向かう要衝になってました。北魏の明帝の神亀元年(西暦紀元420年)、僧侶の宋雲は洛陽から日月山を経由して天竺に向かったのです。それから、文成公主は日月山を通って吐蕃との和親の為に唐から行った道は宋元時代にな…

青海>西寧市>鮑溷イ鬀

鳥島は青海湖の西北部に位置する面積0.8平方キロメートの小さい島ですが、ここ数年来注ぎ込む水の量が蒸発量より少ないため、湖水は次第に下がって、ほぼすでに半島になりました。 長い約500メートルで、広さ150メートルの鳥島の上で10万羽近くの季節鳥が生息して、“鳥の王国”を称することができます。毎年…

西寧市>茶蜊。逶酔ホ

茶蜊。塩湖は既に3000年余りの採掘のある塩湖で茶蜊。(チャカ)はモンゴル語で塩の意味。ここで塩湖の風景を観賞することができて、また機械化の塩採取の作業を見学する事ができます。 塩湖の形成は地殻運動のためで、昔海洋の一部だった青蔵高原が長期の地殻運動を通じで世界で最大の高原になって、海水はいくつか…

西寧市>青海湖

西寧の西150kmにある中国最大の塩水湖で、広さは約4500k㎡で琵琶湖の7倍近くあります。海抜3200mにあり、東の日月峠が中国とチベットの分水嶺になっています。周辺は草原が広がり、夏になると花が咲き乱れます。

西寧市>塔爾寺

西寧の南西30km、湟中にある1560年創建のチベット仏教ゲルク派の寺院です。14世紀のゲルク派の創始者・ツォンカパを記念して建てられ、大金瓦寺、小金瓦寺、大経堂など多くの建物から成っています。

西寧市>北禅寺

市街の北、土楼山の中腹にある石窟寺院です。岩肌にへばりつくように建てられ、27の石窟があり、3~5世紀の魏や晋の時代の壁画が残されています。現在は道教の寺となっています。

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?