• ブックマック
  • オンライン 13
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華北地区


Total 106건 8 페이지
青島市>基督教堂

本来は'国際礼拝堂'と呼ばれたし現地人らの間では'鐘表楼子'という名称に通じる教会。ドイツの建築家によって設計されて,1908年起工,1910年完工して、現在は信号山麓の住宅街真ん中に位置している。 高さ39mの鐘塔には別途の料金を納めれば登ってみることもできる。 建設当時設置されたしもべと時計は今…

青島市>海水浴場

第6海水浴場は有名な残橋を挟まれているだけでなく市内中心街のすぐそばという便利な場所に位置している。 満潮時には砂浜がほとんど水に浸るが夏になれば人々でガヤガヤ騒いで冬にもジョギングをしたり水着姿でビーチ バレーボールをする人々を見ることができる。楼閣の後ろに見える島は(小青島)青島の象徴。 本来'…

青島市紹介

青島は山東省東南端に位置した港町で清島という都市の名前に似合う美しい浜辺と豊富な緑地空間を持っている。 青島の特徴中一つが異国な風趣がある海岸ですが、これは1897年ドイツが宣教師殺人事件を口実で占領した後近代式港町とヨーロッパ風の都市と設計されたためである。こちらの海水はきれいで、夏には避暑客で混…

天津市>狗不理包子鋪

天津名物といえば、一にも二にも老舗・狗不理の包子(肉まん)。天津駅構内をはじめ市内に店舗がいくつもある。この変わった屋号、直訳すれば「イヌも食わない」となるため、自慢の味を逆説的に宣伝しているのだという説をよく耳にするが、創業主の綽名が「狗不理」だったというのが店名の由来らしい。

天津市>紅灯祭り

中国には春節の十五日目には紅灯祭りがある。赤色が好きな中国人は赤灯だけではなく各種形状を多様な色の布で作ってその中に電灯を入れて、夜道を綺麗に飾ってる彼らの素朴ながらも、一方人為的であることを好む文化がよくあらわれる。運よく春節15夜に天津を訪れたら天津第二文化宮の紅灯祭りに参加して見ましょ。

天津市>清真大寺

清真大寺は、敷地面積5千平方メートル、建築面積2200平方 メートル。清順治元年(西暦1644年)に建てられ、嘉慶6年(1801年)に改築された。天津市でも保存状態の良い、中国宮殿式イスラム教建築。

天津市>古城

南門内側には清国広西皇帝33年(1907年)に建設された光東会館があって、西北側には康喜皇帝42年(1703年)に立てた回教寺園の清真寺がある。 東北側には元朝の奉呈皇帝3年(1326)に作った後館と明国宣徳皇帝2年(1427)に立てられた玉城閣がある。

天津市>天津自然博物館

天津自然博物館は中国で三番目の規模と所蔵品を保有している有名な博物館で市内中心部に位置してます。天津自然博物館の特徴は恐竜化石の展示で恐竜、動物、昆虫、海洋四つのテーマで展示館が構成されている。学生がいる家庭は家族らが共に訪ねて子供の教育にもいい所である。

天津市>周恩来記念館

913-1917年周恩来が勉強した教室を復元した所。正式名称は(周恩来同志青年時代在天津革命活動記念館)であり天津、日本、ヨーロッパなどでの学業、政治活動を年代順で紹介した。

天津市>水上公園

1951年公開された総合公園で面積は200ha、水面と地面の面積が半分ずつであり。 湖周辺の景色と亭閣、楼閣などは江南地方の風景を彷彿させる。 公園案の動物園ではパンダも見られる。

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?