• ブックマック
  • オンライン 13
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華北地区


Total 106건 6 페이지
大同紹介

大同市は人口280万人、山西省第二の都市である。五胡十六国の時代356年、北方民族・鮮卑族の拓跋珪(太祖道武帝)が北魏王朝を開き、398年この地を都・平城と定めた。三代太武帝の439年、華北を統一(南北朝時代の始まり)、493年に高祖孝文帝(6代皇帝)が洛陽に遷都するまで100年間、中国北方の中心地…

済南市>千仏山

市街の南2kmにある海抜285mの山で、山頂から市内を展望することができます。伝説の皇帝・舜が農耕をしていたといわれ、隋、唐の時代に山の岩壁に彫られた仏像が多数残っています。崖下には587年創建の「興国寺」があります。

済南市>雜オ突泉

清の乾隆帝によって天下第一泉で呼ばれた雜オ突泉(しゃくとつせん)は一時1600リットル/秒の湧出量を自慢する泉だったが現在は乱開発による水資源枯渇で一時的に水がわき上がるだけである。

済南市>大明湖

大明湖は珍珠泉を源泉でして市内に位置している湖 柳枝が垂れた湖畔の歴下亭は杜甫杜甫と李白が詩を唄った所という。

済南紹介

済南は、山東省の省都で山東省の西部にあり、省内の通商、政治、文化の中心である。市中を黄河が流れ、南には泰山が控えている。2005年の人口は569万人、うち都市部の人口は254万人。人口のほとんどは漢族で、満族や回族も住んでいる。言語は山東方言があるが北京語に近い。済南は北京料理のもととなった、やわら…

万里の長城>長城の落書き

これが近くで見た長城の姿 旅行者らが留まる所に落書きで覆いかぶさってす。長城は砂漠化と観光客増加などに伴い姿を消して行くのであります。私たちが写真でよく接するよく復元された長城の雄壮な景観の後にはこういう姿である。 観光客に開放されたところから30分ほど歩ければこんな姿が出てくる 。

万里の長城>虎山長城

虎山長城は、丹東市内から南に20キロ離れたところにある。明代に造営され、明代の万里の長城の東端の起点であった。長城が建てられている寛甸県虎山郷虎山村、虎村の南麓の地名から、虎山長城と呼ばれている。現在約200メートル、見張り台3つ、北の方角には、6つのの壁台が残っている。虎山の形はトラが横になってい…

万里の長城>黄崖関長城

天津市薊県の北28キロ、崇山峻嶺にに位置する。北斉天保七年(557年)ここに関が設けられ、その後幾度かの修築を繰り返し、明代に大規模な工事が行われ現在の姿になった。長城の壁は黄色く、夕日に照らされると金色に見える。北斉時代の烽火台や八卦迷宮、毛沢東詩詞墨跡碑林などが展示も充実している。黄崖関長城の近…

万里の長城>居庸関長城

北京市内から北西へ約50キロのところに位置する。居庸関は、紀元前5世紀ごろ、居庸関長城の関所跡で切り立った峰をぬって造営された難攻不落の九塞のひとつ。幅27メートル、高さ10メートルのアーチ型の門で、門の上にはかつてチベット式の仏塔が建てられていた。門の上部には、インドネシアの神鳥ガルーダと蛇身の女…

万里の長城>司馬台長城

北京市内から北東に約120キロ離れた郊外に位置し、金山嶺長城や白龍潭風景区に隣接する。司馬台長城は、明代からそのままの険しい姿と雄大さを残す長城で、勾配が急で、天梯(天へのぼるハシゴ)と呼ばれ有名である。最も有名なのは第15楼「仙女楼」と第16楼の「望京楼」で、望京楼は最も高い場所にある。

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?