• ブックマック
  • オンライン 8
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華北地区


Total 106건 5 페이지
承徳>磬髞、峰

避暑山荘で見れば遠く山頂に石碑をたてたようなのが見える。 行ってみれば巨大な石が山の頂上に立っている。 上がる方法は晋寧寺と安遠廟に行く道の分岐点にある駐車場内側でリフトに乗る。 周囲にある山々を眺めながら、20分程度行けば山の頂上近所に到着する。別名鳳雛山ともいう この峰は承徳10大景観中の一つで…

承徳>普寧寺

正面は漢朝式で,中にある建物はチベット風である。 普寧寺には世界最大を自慢する高さ22.8mの木彫千手千眼観音菩薩像と十八羅漢像が安置されている。

承徳>外八廟

避暑山荘の東側で北にかけて、8ヶの寺が広がって位置しているが、これらを外八廟と呼ぶ。 寺廟は康煕52年(1713年)から乾隆45年(1780年)にかけて立てられた。 現存するのは殊像寺、晋陀宗乗之廟、須弥福寿之廟、晋寧寺、安遠廟、晋楽寺、河仁寺などであるがその中4ヶが開放されている。

承徳紹介

承徳は北京東北250kmにある名勝地で長城北側の有名な観光地域である。 冬でも川の水が凍らないために別名熱河ともする。 有名な避署山荘は1703年康煕、乾隆帝の時作り始め,何代の王朝を経て、建て増しされた。 こちらで各民族の建築芸術の結晶の寺廟と宮殿があって北方の亭台楼閣(彫刻),江南の園林建築もあ…

大同市>雲崗石窟 

雲岡石窟は山西省大同市の西郊外の武周山北の崖に位置し、山を切り開いた石窟で、東西1000メートルに渡る。現存して主要な洞窟は45個、大小あわせて252の洞穴があります。石の彫像は約51000体、中国で最大規模の古代石窟の群の1つです。文献によると、北魏の和平年間(西暦460-465年)、有名な和尚で…

大同市>懸空寺

大同の東南側に位置する、中国五岳の一つ「恒山」の渓谷にある寺です。ほぼ垂直に立つ絶壁の谷底から50mのところに岩壁に張り付くように建てられていて、下から見ると文字通り空に懸かっているような景観です。 3つの楼閣は狭い桟道で結ばれ、真下を急流が流れています。一度に拝観できる人数を制限しているため、見学…

大同市>応県木塔

大同の南側、応県の「仏宮寺」にある中国最古の木造釈迦塔です。 1056年に建てられた直径30m、高さ67mの八角形の塔で、外観は5層ですが内部は9層あり、各層には仏像が置かれています。かつて発生した大地震にもびくともしなかったといわれています。

大同市>華厳寺

市の西部にある寺で、同じ敷地に12世紀の金代に建てられた「上華厳寺」、11世紀の遼代に建てられた「下華厳寺」があります。上華厳寺の「大雄宝殿」は金代のものとして最大規模といわれます。また下華厳寺の「薄伽教蔵殿」には”東洋のビーナス”といわれる仏像「脇侍菩薩」があります。

大同市>観音堂

1037年創建の古刹。静かな雰囲気のなか、中門、正殿、三聖殿が築かれており、山門付近には「五龍」よりさらに2匹少ない「三龍壁」が置かれている。

大同市>九龍壁

市の中心部にある、明の太祖の第13子・朱桂の屋敷前に建てられた石壁です。長さ45m、高さ8mの表面に5色の瓦を重ねて作った9匹の龍のレリーフがあります。 1392年に造られ、同様のものは北京の故宮と北海公園にある3つだけです。

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?