• ブックマック
  • オンライン 8
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華北地区


Total 106건 4 페이지
内モンゴル>万部華厳経塔

万部華厳経塔は、また白塔とも呼ばれ、呼和浩特(フフホト)市の東郊外にあり、遼の時代の聖宗年間建てられ、その後歴代補修してきたという。白塔は、楼閣式で、れんがと木で作られ、8角7階となり、高さ50メートルである。塔の基礎部分にはハスの花が刻まれており、塔体の第1、2階の外側には、レンガ彫りの仏像、菩薩…

内モンゴル>希喇穆仁草原

希喇穆仁は、モンゴル語で黄色の川」というい意味で、フフホト(呼和浩特)から北100キロのところにある。希喇穆仁草原は俗では「台河」と呼ばれており、希喇穆仁川の辺に「普会寺」というラマ廟から得た名前である。普会寺は、呼和浩特の席力図召6世活仏の避暑御所として、乾隆34年(1769年)に建てられたもので…

内モンゴル>呼和浩特博物館

呼和浩特(フフホト)市の中心部にある。1957年に建てられ、内モンゴルの最大の綜合博物館である。メインの建物の屋根に疾走する白色の駿馬が造られて、内蒙古自治区のマスコットとして発展のシンボルとなっている。館内の収蔵物が豊富で、常時一般開放している。主に《内モンゴル文物陳列》、《内モンゴルの近代・現代…

内モンゴル>五塔寺

清代雍正5年(1727年)に建てられたので元々の名称は(慈燈寺) 境内にいる 5個の小塔を負っている金剛座舍利宝塔でその名前が由来する。宝塔はもともともと慈灯寺と言うラマ廟内の建築物だったが、今はその寺院は何も残らずになくなった。塔体はその高さが16.5メートル、金剛座式で、塔の基礎、金剛座、塔のて…

内モンゴル>清真大寺

呼和浩特(フフホト)清真大寺はイスラム教の寺院で、呼和浩特(フフホト)市古城の北門の外にある。清代の乾隆年間、イスラム族が大量に新疆から呼和浩特まで移住してきたので、現地ではじめてこんな規模広大なモスクを建てたのである。寺院の正門は西に向って建てられて、その上にアラブ語で寺院の名が刻まれており、色々…

北京市>白龍潭

“鬟諮・n白鮴吭K,皇帝行螳ォ在潭霎ケ”白竜潭景勝地は密雲ダム東岸の竜潭山に位置してます。観光地区内は元祖のフビライの至元24年に立て始めた竜泉寺があります。寺の額は清の李鴻章が書いたもので、境内の金剛殿と大仏殿の間の700年余りの古柏の木の以外にも戚継光、袁世凱など有名人が石碑に彫りつけた文字が…

北京市>宝雲閣

宝雲閣は北京頤和園万寿山の上に位置して、乾隆20年(1755年)に建てられました。門の上には“萓ァ峰横蟯ュ蝨」来参”と書いた乾隆帝の詩句があります。外観は1軒の四方のあずまやのようで、全てが銅で形成するため、“金殿”とも呼ばれてます。閣の高さは7.55メートルで重さは約207トン。外形は木造の建物の…

承徳>双塔山

承徳市街区の南西の30里の所、2粒の大きい大岩の柱の南北は並べて、肩を並べる、形は宝塔のようで、山頂にそれぞれレンガ塔が一つずつあるので双塔山とよばれてる。双塔山は突然而立をまっすぐにして、高く届かないで、近代上がっていったことがある人はいなくて、山頂のレンガ塔はいつ誰がなぜ建てたかは誰にも知られて…

承徳>湯泉行宮

康煕皇帝が初めて発見した温泉で康煕の31年(西暦紀元1692年)彼が入浴した後際、温泉の水が暖かく感じて、健康に良いと思い、そこで計画して行宮を建造します。湯山の温泉の水温は41--44℃の間で、毎時間の流量が20トン、水の中でカリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、ホウ酸、フッ素などの20…

承徳>水原区

避署山荘は「楽山楽水」という別名があるように幾重にも囲まれた巨大な山脈と湖を取り除けない。 康熙帝と乾隆帝は6回江南に通う間杭州の西湖をはじめとして,水が多い景色に魅了されて,人工湖を作ったのが水苑区である。 水苑区には3ヶの遊歩道あって,水心樹と金山をすぎて熱河に向いて歩ければ現れる東線が最も美し…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?