• ブックマック
  • オンライン 9
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華北地区


Total 106건 3 페이지
北京市>白塔寺

白塔寺は1基の世界的に有名な巨大な蔵式の白塔で、中国に現存する一番古く最大の蔵式の仏塔である。乾隆帝はかつて塔の中にいくつかの鎮塔の宝を放置するように命じたが、皆仏教の世にも珍しいの宝である。正殿センターには白い塔の模型を置いて、そして塔を抑える宝を展示してます。第2基の正殿は《チベット万仏造像濶コ…

北京 歓楽谷

2006年7月に開放した北京の歓楽谷は朝陽区東四環四方橋南東部に位置して、100 万平方メートルの敷地と場所をとります 。1期工程の公園は54 万平方メートル、それぞれフィヨルドの森林、亜特蘭蒂斯、からマヤ、愛琴の港、シャングリラとアリの王国などの6つのテーマの区でつくれれ、生態テーマの楽園でありま…

北京市>園明院

1709年、清朝の4代皇帝康熙帝が、皇子の胤禛(いんしん。「しん」は「示」に「眞」)に与えた庭園がその起源となる。胤禛が皇帝に即位すると(雍正帝)、1725年以降様々な建物が増築され、庭園も拡張された。6代乾隆帝の時代には、円明園の東に長春園、南東に綺春園(のちに万春園と改称)が設けられた(この円明…

北京市>天壇

天壇(てんだん)は中国、北京市、崇文区にある史跡で、敷地面積は約273m2。1998年よりユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。明、青の歴代皇帝が空に向かって,五穀豊作を祈った場所. 1420年創建当時には天と地の両側を敬って,天地団だと呼ばれたが1530年地壇公園が完成されながら,1534年…

大同市>善化寺

善化寺は南寺とも呼ばれ、山西省大同の西南にあり唐の時代に立てられ、玄宗の頃は開元寺と呼ばれ、五代の後晋初めに大晋恩寺と改名されました。 遼時代末の1122年に戦火に遭いましたが、金時代の初めの1128年から1143年の間に修築が行われました。元の時代には晋恩寺と呼ばれ、規模もかなり大きくなっていまし…

太原市>雲崗石窟

雲岡石窟は山西省大同市の西郊外の武周山北の崖に位置し、山を切り開いた石窟で、東西1000メートルに渡る。現存して主要な洞窟は45個、大小あわせて252の洞穴があります。石の彫像は約51000体、中国で最大規模の古代石窟の群の1つです。文献によると、北魏の和平年間(西暦460-465年)、有名な和尚で…

太原市>双塔寺

双塔寺は太原市東南の郊外にあり、元の名を永作寺と言い、境内に二つの塔がそびえていることから双塔寺と呼ばれています。明に万暦年間に建造されました。現存する寺は主にレンガで造られていて、大殿及び両脇の配殿は彫り物のある青いレンガを使っており、木造建築のように見えます。大殿は二層のひさしがある楼閣式で、内…

北京市>明十三陵

明十三陵は名の第3代皇帝成祖永楽帝永楽帝から最後第17代崇禎帝まで14人の皇帝があり(第6代英宗英宗が第8代に復位),第7代景秦帝の陵墓だけが北京西の方郊外の金山という所に作られた。 永楽帝は風水思想を基礎にして,北京北側郊外の天寿山南側麓に自身の陵墓を定めて1409年18年の歳月を入れて巨大な陵墓…

内モンゴル>ジンギス汗陵墓

ジンギス汗の陵墓は、オルドスの高原の中南部にあり、東勝から北へ90キロ離れている。1955年に建てられて、全国の重要文化保護財に指定されている。このの雄壮な陵墓はその敷地面積が5平方キロもあり、メイン建築物が三つ連なるパオ式の正殿で、正殿、寝殿、東殿、西殿などに分かれている。正殿の真正面に、白玉で彫…

内モンゴル>王昭君墓

王昭君は中国 4大美女の一人である。王昭君は前漢元帝の後宮だったが、当時中国では匈奴の侵入に対する友好政策で女を送って結婚させていた。 ここに王昭君は元帝の人によって匈奴族。(呼韓耶単于)に強制で嫁に行くようになった。 異国で一生を終えた王昭君の墓は高さ 33mの漢族スタイルの築山で、頂上ではフフホ…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?