登封市>中岳廟 > 華中地区

本文へ
サイト内検索

華中地区


登封市>中岳廟

페이지 정보

작성자 no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,479회 작성일 09-10-03 22:10

본문

中岳廟は登封市から東に4キロ離れた太室山の南麓黄蓋峰の下に位置する。
中岳廟は秦の時代に建てられ、漢武帝の元封元年に祠の拡張が行われ、その後何度も拡張が行われました唐・宋時代が最盛期でしたが、宋末から清の時代にかけて衰退し、清の乾隆年間に大規模な修理が行われた。現存する廟のほとんどは清代に修繕されたもので、中央の通路には中華門、遥参亭、天中閣、配天作鎮坊、祟聖門、化三門、竣極門、嵩高竣極坊、中岳大殿、寝殿、御書楼がある。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 84건 1 페이지
더보기 more
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
92
어제
517
최대
544
전체
3,977


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.