• ブックマック
  • オンライン 11
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華中地区


登封市>中岳廟

6,277 2009.10.03 22:10

첨부파일

짧은주소

본문

中岳廟は登封市から東に4キロ離れた太室山の南麓黄蓋峰の下に位置する。
中岳廟は秦の時代に建てられ、漢武帝の元封元年に祠の拡張が行われ、その後何度も拡張が行われました唐・宋時代が最盛期でしたが、宋末から清の時代にかけて衰退し、清の乾隆年間に大規模な修理が行われた。現存する廟のほとんどは清代に修繕されたもので、中央の通路には中華門、遥参亭、天中閣、配天作鎮坊、祟聖門、化三門、竣極門、嵩高竣極坊、中岳大殿、寝殿、御書楼がある。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 84건 1 페이지
商城博物館

商城博物館は洛陽の東30キロの偃師市にあり、商(紀元前16世紀)の古城の遺跡の上に建てられています。商城遺跡は中国で発掘された城の遺跡では最も古くて大きく、遺跡を保存するために博物館を建てました。館内には商代の青銅器、玉器、陶器など、数千点が展示されています。

都城博物館

都城博物館は洛陽市鼎南路の東側にある周公廟院にあります。ここには地形の大型模型や五大古都の模型などが展示されていて、洛陽文化を知るための特別テーマ博物館となっています。

斎雲塔

斎雲塔、正しくは釈迦舎利塔で、金方塔、白馬寺塔とも呼ばれ、洛陽白馬寺の山門の東南200メートルのところにある。白馬寺に現存する石碑や佛籍によると、西暦68年に漢明帝の詔によって塔が建てられた。現存する塔は金の大定十五年(1175年)に再建されたものである。塔は正方形の密槍式になっていて、高さは13階…

宋都御街

宋都御街は開封市中山路北段にあり、宋代の街の姿を再現していて、1988年に作られた宋代の商店街である。史書によると、北宋東京街は皇宮宣徳門の北にあり、州橋と朱雀門を通って城南の薫門から城外に抜け、長さは約10里、幅200歩、皇帝の来駕が出入りする尊厳に満ちた街道であった。新しく建設された御街はかつて…

硯楼

硯楼は宋都御街の北端にあり、1988年に史書に従って再建された庭院式の楼閣です。硯楼は北宋時代の有名なレストランで、宋徽宗皇帝が訪れたと伝えられ、水滸伝にも硯楼のことが記述されている。宋の詩人劉子暉は「梁園歌舞足風流、美酒如刀解断愁、憶得少年多楽事、夜深灯火上硯楼」と賛美の詩を贈っている。硯楼は東、…

登封市>隋代舎利塔

隋代舎利塔は法王寺の山の斜面上にあり、高さが15階で45m、周囲の長さは28m、壁の厚さが2mもある。塔は外から見ると、ひさしが密に重なっていて、内側は空心建築になって塔の一階から見上げると塔の天井が見える。高さは約41m、周囲の長さは33.72m、塔の形は12角形をしていて、中央の塔室は正八角形に…

登封市>嵩陽書院

嵩陽書院は【雎陽書院】、【岳麓書院】、【白鹿洞書院】とともに、宋代四大書院と呼ばれる。嵩陽書院が建てられたのは484年で嵩山の南麓、登封市の北3キロに位置する。東西を山脈に挟まれ、南は渓流が緩やかに流れ、広くて肥沃な田んぼが広がって、嵩陽書院の入口から周りを見ると、嵩岳諸山の峰を仰ぐことができ、登封…

登封市>嵩岳寺塔

嵩岳寺塔は河南省登封市の西北6キロ、太室山南麓の嵩岳寺の中に位置する。北魏孝明帝の正光元年(520年)の建てられた中国の現存する中では最も早いレンガ塔である。嵩岳寺塔の高さは約41m、周囲の長さは33.72m、塔の形は12角形をしていて、中央の塔室は正八角形になっている。塔室の幅は7.6m、一番下の…

열람중  登封市>中岳廟

中岳廟は登封市から東に4キロ離れた太室山の南麓黄蓋峰の下に位置する。中岳廟は秦の時代に建てられ、漢武帝の元封元年に祠の拡張が行われ、その後何度も拡張が行われました唐・宋時代が最盛期でしたが、宋末から清の時代にかけて衰退し、清の乾隆年間に大規模な修理が行われた。現存する廟のほとんどは清代に修繕されたも…

登封市>観星台

観星台は登封の東南12キロの告城鎮の周公廟内にあり、20m先に周公測景台がある。測影台の方は登封の東南15キロ、告城鎮北にあり、723年に建てられました。観星台は世界的にも有名な天文科学建築物で中国に現存する最古の天文台である。

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?