作成日 : 2009-10-03 22:10|HIT : 5920
登封市>中岳廟

中岳廟は登封市から東に4キロ離れた太室山の南麓黄蓋峰の下に位置する。
中岳廟は秦の時代に建てられ、漢武帝の元封元年に祠の拡張が行われ、その後何度も拡張が行われました唐・宋時代が最盛期でしたが、宋末から清の時代にかけて衰退し、清の乾隆年間に大規模な修理が行われた。現存する廟のほとんどは清代に修繕されたもので、中央の通路には中華門、遥参亭、天中閣、配天作鎮坊、祟聖門、化三門、竣極門、嵩高竣極坊、中岳大殿、寝殿、御書楼がある。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3