武漢市>晴川閣 > 華中地区

本文へ
サイト内検索

華中地区


武漢市>晴川閣

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 4,346회 작성일 09-03-12 21:53

본문

晴川樓だと呼ばれたりするこちらは長江北岸にある樓閣である。明代に建設され当時漢陽知府である范之箴が大禹の黄河治水を称えて建造されたと伝わる。唐代の詩人である崔鬚「が黄鮖、楼に上がって詠った黄鮖、楼という詩の中で "晴川歴歴漢陽樹"という句節に登場する晴川がこちらを指すのである。
よく知られた黄鮖、楼や岳髦ウ楼などに比べればその歴史や規模面ではちょっとおくれるが独特の造形美は昔から多くの文人たちの賛辞を受けて来た。

黄鮖、楼といっしょに '楚国第一の樓閣'と認められたことがその証拠である。
現在の姿は1983年復旧されたことで地層が5面で総広さ16m、高さは21mである。樓閣全体が木と石造柱で構成されて窓は硝子に飾られている。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 73건 1 페이지
더보기 more
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
901
어제
996
최대
1,120
전체
228,827


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.