作成日 : 2009-03-12 21:28|HIT : 2902
武漢市>長春觀

武昌大荳恂蜻o峰山の南側、蛇山中部にある長春觀は歴代道教活動が成り立った場所で'江南一大福地'とも呼ばれて元代に立てられたと記録されている。

長春觀は歴史の中で何回も消失され清同治2年の1863年に明代の姿に重建された。 後に双峰山があって山を背景で建築物たちが立ち入っているが中央に五つの殿があったが現在は(霊宮殿)、(太清殿)、(七真殿)、(三皇殿) など 4ヶ所だけ残っている。

長春觀は道教の活動があった所で現在無漢市から文物保護対象に保全されて毎年道教協会がこちらで道教活動をしている。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3