• ブックマック
  • オンライン 14
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華中地区


Total 84건 6 페이지
長沙市>梅山龍宮

梅山龍宮は新化県にあり、独特の地下鐘乳洞で有名―「アジアで最も美しい地質博物館」と言われている。  その中で、世界五大奇跡鐘乳洞と呼ばれている「洞府雲天」、「ナタ出世」、「天宮霧松」、「水中金山」、「宝中宝」は注目を集めている観光スポットである。

長沙市>岳陽楼

岳陽市の西門城にそびえ立ち、洞庭湖を見下ろし、君山をはるかに望む場所にある。中国江南三大名楼のひとつ で、唐代の716年に建立された。前身は、三国時代の呉の将軍魯粛が水軍の訓練をする時の閲軍楼であった。詩人、李白や杜甫らもこの楼にのぼって詩を書き残している。四つの柱、三層の木造建築、反り返った軒先を…

長沙市>炎帝陵

炎陵県にあり、伝え聞くところによれば、この陵に祀られている炎帝神農氏は、古代の姜を姓とする部族の首領 で、百姓に農具をあたえ耕作をし、農業を発展させることを教えたため神農氏と称した。また、火の発明で人々に利をもたらし、百害を取り除いたため炎帝とも称された人物である。

長沙市>馬王堆漢墓

長沙市の東郊外にあり、1972年から1974年の間に湖南省文学考古機関によって今から2100年余り前の 文物3000点の文化財と女性のミイラが出土された。3000点の出土品のうち500点を上回る漆器は造りが精巧なもので、模様も華麗、漆器の光沢さえも残るような逸品。また地図も出土され、示された山河など…

長沙市博物館

1996年、長沙の走馬楼で発掘された、「走馬楼孫呉簡牘」が展示されている。「走馬楼孫呉簡牘」とは、三国時代の呉国の孫権が即位した時、長沙郡所が所蔵した役所の保存書類であり、当時の歴史・政治制度・経済制度などを研究する上で重要な資料である。

長沙市>湖南省博物館

馬王堆漢墓で出土された品々が見られる博物館。漆器や、織物といった出土品の中でも、ひときわ注目してしまう のは、2000年前の女性のミイラ。発掘されたときには、一部の関節を曲げることもでき、靭帯にも弾力もあり、死んだばかりの人とほとんど変わらなかったというもので、驚かされる 。

長沙市>天心閣

旧市街区の南東の方向にある。天心閣の古城壁が最初に建造されたのは2000年もの前で、古城として長沙のシンボルともいわれる。長沙市内では、もっとも高い地点に天心閣は位置するため、長沙の町並みを一望するには絶好のポイント。天心閣そのものは、反り返った軒先が特徴的で、重の楼閣は廊下によって隔てられ、全体的…

長沙 紹介

長沙は、湖南省の東、湘江の下流に位置します。 市区の面積は、554平方キロメートル、人口は約160万人です。 長沙は、湖南省の省都で、中国の有名な歴史・文化の集積された都市であり、点在する観光資源は歴史の名勝として知られています。 主な見所は、岳麓書院、馬王堆漢墓、走馬楼孫呉簡牘、湘繍研究院などがあ…

開封市>清明上河園

開封市龍亭湖西海岸に位置する清明上河蝗ュは宋の著名な画家蠑ꀀ諡ゥ端の名作 《清明上河蝗ュ》に表現された北送の賑やかな市内をそのまま再現した国家AAAA級観光名所である。清明上河園は“7朝古都”開封市の新しく建設した大型宋代民俗楽園で宋代名画《清明上河図》の境地を取って、完全に原始の布石に基づいて、開…

開封市>龍亭

市北西の隅にいる龍亭は北宋と金代の故宮を持っており、明の周王府の遺跡でもある。清康煕三十一年はこちらに1個の萬壽の亭を築いて、亭内に“皇帝万歳”のある位牌を供えて、人々はこれを“龍亭”と称する。それぞれの逢重大な祝日は、文武役人のみんなは君主に拝謁する為にここに来る。1986年は、龍亭正殿内に開封宋…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?