• ブックマック
  • オンライン 23
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華中地区


Total 84건 4 페이지
長沙市>韶山毛沢東親里

長沙市の南西方へ 90km 離れた所にある韶山は毛沢東の親里がある所で有名な所。 湖南地方の典型的な農家姿を見られる優雅で淡白な村には毛沢東親里と記念と, リゾートに利用された適水洞などがあり、 一つの風景区になっている。

武漢市>東湖

東湖の面積は33平方キロメートルで、「都市の中にある湖」としては中国最大の大きさを誇る。典型的かつ代表的な湿地生態システムを有し、武漢市の水生態、水環境、地域の気候調節に対し、大きな影響力をもつ 杭州の西湖と並び称される景勝地である。住所:中国湖北省武漢市武昌東郊外TEL:027-86794360

武漢市>黄鶴楼

鮟ヲ゚樓は湖南の岳陽樓と江西の騰王閣と一緒に江南の3大名樓に数えられまた天下絶景と称えられる所である。1,700余年を伝われながら7回消失して7回重建されたが今の模様は一番最後に重建された 1985年の物でエレベーターに乗って上り下りすることができる最新式の樓閣である。鮟ヲ゚樓は三国呉国黄武2年に武…

武漢市>荊州古城

荊州は湖北省中南部に位置して、三国志の諺“大意して荊州を失い”の出典はここにあります。 荊州は国務院の全国歴史文化都市でもあり、多い名所旧跡を保存してます。その中で最も有名なのは荊州古城で、この城は完璧に保存され、玄妙観、関羽廟と鉄女寺などがあります。荊州での殆どの古跡はすべて三国志と関係があります…

鄧州市>少林寺

少林寺は約1,500年前北魏の孝文帝の時(495年)インドから来た普提禅士が創建した。 伝説によれば普提禅士は六人の友人とともに出家したのに友人らは皆成仏して普提禅士だけ成仏出来なかった。 それでも失望しないで求道の旅を立で最後に中国に達して,孝文帝に会うことになった。孝文帝の命で小林寺をたて30年…

鄧州市>塔林

少林寺塔林は中国に現存する中で最大の古墓建築群で、唐の貞元七年(891年)から建ち始めました。これらの墓は歴代の少林寺の高僧が円寂して最後に落着く場所で、一層から七層まであり、最も高い塔は15mあります。塔の作りは様々で瓶形、直線形、放物線形、石彫刻式、石を重ねたものなどがあります。死者の骨灰は地下…

鄧州市>嵩山

嵩山は登封県の県境の東西約100キロの牛山脈の中にあり、中国五岳の一つで太室山:1440mと小室山:1512mの72峰をいう。 北魏の嵩岳寺塔<紀元520年>に建設された12角形の仏塔、漢朝の(嵩山三闕:太室闕、小室闕、啓母闕)、元朝の観星台(天文台)、小林寺、中岳墓、嵩陽書院などがあって外にも数多…

鄧州市>三皇塞

三皇塞は登封市の南西15キロ、少室山の西側にある。地質は古い岩石で覆われ、太古から現代に至るまでの様々な地質年代の地形があり、さながら「天然地質博物館」の様である。景観も美しく、「雲峰虎嘯」「三皇宮」、「安陽宮」、「清微宮」、「清涼寺」、「玉皇廟」、「少室闕」、「蓮花寺」、」などがある。

鄧州市>官渡の戦い遺跡

鄭州中牟県城の東北の2.5キロメートルの官渡橋村の一帯に位置する。村内には関羽廟があり、乾隆年間に書いた“官渡は関帝が袁紹の将を討ち取った所であり”の石碑が残っております。《中牟県の志》によれば、ここが昔の官渡城であって、後漢の曹操が5万の軍勢で袁紹の20万大軍を殲滅した所である。官渡の戦いは中国歴…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?