作成日 : 2009-08-23 21:48|HIT : 6017
蘇州市>環秀山荘

蘇州刺繍研究所内にある築山を中心とした小さな庭園。五代時代呉越広陵王銭元燎の”金谷園”の旧跡であり、宋代には景徳寺と称され、清代に入山荘が建造され、築山も築かれた。こ の築山は清時代の築山の大家によって築かれたもので起伏に富んだ複雑な造りで、太湖石の傑作とされている。1997年12月4日に、拙政園、留園、網師園と一緒に環秀山荘がユネスコの世界文化遺産リストに登録された。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3