• ブックマック
  • オンライン 10
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

華東地区


Total 114건 7 페이지
寧波>阿育王寺

阿育王寺は中国禅宗五山のひとつとしても有名で405年に創建された。寺院敷地内に仏舎利を収めた舎利宝塔をもっている。院内には舎利殿をはじめ大雄宝殿、法殿、天王殿などの規模の大きい建物が多く建っている。

寧波>河姆渡遺跡

河姆渡遺跡は60007000年前中華民族文明の発源地である。浙江省余銚市河姆渡村にある、面積約4万平米の遺跡から数多くの文物が発見されている。今、河姆渡博物館が建設され、館内は現代科学技術を利用して、7000年前の河姆渡人の生活模様を再現され、とても興味深いスポットとして国内外の旅人から注目されてい…

寧波>東銭湖

東銭湖は寧波市の東南部に位置し、市内から只7.8キロ、浙江省最大の淡水湖で、谷子湖、南湖と北湖から成って、面積は20平方キロ、一周すると45キロ、杭州の西湖の4倍ぐらいで、中国沿海第一湖と言われる。

寧波>招宝山

招宝山は寧波市の十大観光区の一つで、自然風景、人文景観と宗教文化を一体にする総合観光区であり、鎮海海防遺跡の重要な部分である。市内から15キロ離れ、寧波甬江の入り江にある。招宝山はまた「候涛山」とも呼ばれ、昔は商船の重要な出入り口であった。主な観光スポットは「鰲柱挿天」、「千帆破浪」、「山楼観旭」、…

寧波>保国寺

保国寺は後漢時代に創建され創建当時は霊山寺と呼ばれていた。845年に火災に遭い880年修復時に保国寺と改名した。敷地内にはいろいろな建物があるが中でも保国寺で最も立派な建築は大雄宝殿である。それはまた梁無き殿とも呼ばれている。現存の大雄宝殿は北宋の1013年に造られた木造建築物である。長方形になって…

寧波>城隍廟

何となく上海の豫園周辺を思わせる感じの場所。ここには「城隍廟美食城」と「廟西自立市場」が共存しているためいつでも人でいっぱい。中心部には小さな屋台が立ち並び好きな物を買って食べることができる広場がある。その他、ここには小さな屋台が色々な雑貨を販売していてみているだけでも飽きる事がない。休日には是非出…

寧波>天童寺

天童寺は300年に創建された禅宗寺院で中国禅宗五山のひとつとしても有名。敷地面積は6万と広い。1223年、曹洞宗の開祖「道元」はここで学び帰国後に日本曹洞宗を創立した。

寧波>天一広場

寧波を代表するショッピング、ファッションの広場「天一広場」 中央の公園を取り囲むように若者向けのデパート、飲食店、バー、ファッション関連のお店がぎっしり。広場南側には有名な「天主教堂」(教会)も見ることができる。いつでも人で賑わっているが特に夜のライトアップ、噴水は一見の価値がある。

寧波>天一閣

天一閣は1561年から1566年にかけて造られた中国最古の蔵書処で中国古代史を研究するにあたり重要な文献が多く保管されている。ここに収められている蔵書の数は30万以上と膨大。天一閣はその建築物、庭園、ともにレベルが高いことでも有名。

寧波>普陀山

寧波の東100km、舟山群島の東部にある島で、中国仏教四大名山に数えられています。南北8km、東西4kmの小さな島ですが、至る所に寺が点在して34寺が解放されており、うち、普済寺、慧済寺、法雨寺が普陀山三大寺と呼ばれています。 916年、日本の僧・慧鍔が山西省の五大山から観音像を持って帰国途中嵐のた…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?