作成日 : 2008-04-18 17:35|HIT : 5959
偽札判別に関するTIPs 

中国で昨年一年間で摘発された偽札は11億元とも言われるほど中国には偽札が多い。
中国に最も多い偽札は50元の偽札である。 偽札が最も多く出回る所が主にタクシーの中なので(暗くて簡単に区分するのが難しい、特に深夜タクシーに乗った時はタクシー運転手らが偽札をしばしば渡すから注意すべき) 100元を出して逆らって受けた小銭をよく確認しないでおりる場合が多いからである。 そして100元は多く持っているから他のお金と比較が可能だが50元はたいてい一枚だけ持っているから比較することはできないからでもある。
場合には100元を受けた運転手が手で巧妙に交換した後偽札を返す場合もある。上海ではこうしたことまでは珍しいが地方では結構よく見られる事である。
最近では20元札もニセ札ができて注意しなければならないという。100元紙幣とは違うように20元札は偽札鑑識処理にたくさん気を遣わなかったためであろうか。

鑑識の種類は多くありますが、全部一々鑑識するのは難しく、この中で数種類は偽造が可能である。それで鑑識の際、最も多く見るのは左側下段の50という数字を光に照らしてみれば角度により字の色が違うように若干輝く見える。 偽札は紫色の部分が本物の札より濃くて印刷状態が明確でない。
100元札は陽光に照らせば白い部分に毛沢東の顔が見えるとかすることらは偽造が可能で銀色実線も偽造可能である。
夜や暗い所では毛沢東の襟と肩部分を親指爪で掻けば本物は凹凸感が感じられるしあちこち触ってみれば紙質が変で,偽札ということをすぐ読み取れるはず。
日本人はお金を貰って受ける状況で長くお金を鑑識するのは相手に失礼だと思うが、大部分の中国人らは必ず細心に偽札鑑識をする。したがってよく分からない状況では真面目に鑑識するより少しでも釈然としないように見えれば、他の紙幣に変えてくれと言うのが一番楽。 特に50元札はそのまま20元札や10元札何枚に変えてくれと言えば良い。
実際に中国人ら中には50元札を最初から受けない人もいるが鑑識が面倒だからという。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3