中国酒の種類 > 中国旅行知識

본문 바로가기

サイト内検索

中国旅行知識

中国酒の種類

ページ情報

no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 16:53 view 11,794回 コメント 0件

本文

中国酒は地域ごとに製造機法と独特の味,香りを持っていてその種類と名前が多様で、約5,000種余りと推定される。 中国酒は製造方法により白酒,薬味酒,黄酒に分類されるのにその酒の色と味でも確認することができる。
白酒は一般蒸留式透明な色の酒でよく白干だと呼ぶ。 酒の主原料は高粱であり、とうもろこし、小麦、エンドウなども原料で使われる。 蒸留式技法で製造される白酒のアルコール度数は38―60%間で名酒であるほど不純物含有量が少なく、透明な色を持つことになる。 代表的な酒としては古井貢酒,五粮液,茅台酒,孔宝家酒などがある。
薬味酒は白酒に色々な漢方薬などを添加して、糖分を含む酒で製品の類型はリキュール酒に属する。 中国酒は一般的に製造過程に独特の香りを持つことになるがこの香りを嫌いな場合薬味酒を召し上がった方が良い。 代表的な酒としては五加皮酒、竹葉青酒などがある。

黄酒は穀類や雑穀を原料で作る醸造酒である。 製品類型は清酒に属しながら、アルコールは10度内外で比較的低いアルコール度数で、中国南方地域で主に生産する。 日本の清酒と考えられれば良いことで代表的な酒では扈榊・酒を選ぶことができる。 紹興酒は浙江省紹興市だけで製造しながら、米を主原料で使う。

中国には5000種余りの酒があるがその中に名酒称号を受ける酒では茅台酒、汾酒、五粮液、竹葉青酒、洋河大曲、蘆酒特曲、古井貢酒、董酒がある。

1.茅台酒 
中国貴州省で生産する茅台酒はアルコール度数が53度で,茅台村の水で生産されたことといって,茅台酒と呼ばれる。 この酒は高原地帯の質が良い高粱と小麦を主原料で7度の蒸留を経て,密封壷で3年以上熟成過程を経た後,厳格な検査を経て,合格品だけ出庫される。 1915年パナマ万国博覧会でブランデー、ウィスキーと並んで世界三大蒸留酒のひとつに評価された契機に140カ国に輸出さて,酒愛好家らの愛を受けているほど、有名なお酒となり、この酒で毛沢東がリチャード・ニクソン大統領をもてなし、周恩来が田中角栄首相を接待したので世界的に有名になった。実際中国ではしばしばお祝いの宴席で乾杯に用いられ、中国の国酒とも言われる。

2.汾酒
1千5百年歴史を自慢する汾酒はアルコール度数61度の高度酒で酒光がきれいで香り型酒に属する。

3.五粮液
唐時代に初めて製造された五梁液酒は高粱、米,とうもろこし,もち米,小麦など15種類穀物で醸造して、成功したことでその香りが奥ゆかしくて酒味が純粋できれいな後味が一品。
 
4.竹葉青酒
竹葉青酒と汾酒を生産する山西省は中国酒の伝統的な発源地。 竹葉青酒は高粱を主原料で10種類余りの天然薬剤を添加して作った酒で飲酒後現れる頭痛などの副作用を全く感じられない。
 
5.洋河大曲
江蘇省で生産される洋河大曲はアルコール度数48度で甘い、柔らかい、淡い、きれい、すっきりしている香りなど五種類の特色を持っている。
 
6.豕ク州特曲
4百年の歴史の豕ク州特曲は四川省で生産されながら,香りが濃厚で純粋なのが特徴だ。
 
7.古井貢酒
古井貢酒(45度)は酒中の牡丹花というニックネームを持っている。 三国時期曹操が安微省の古井の水を使って作った酒を漢代の時、朝貢を上げて、皇帝の称賛を受けたといって<古井貢酒>という名前がつくことになった。

8.董酒
董酒は良質の高粱を主原料で山の中の純粋な山川水を使用して1百30種の有名薬剤を添加して作った酒。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 25件 1 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.