作成日 : 2008-07-28 13:18|HIT : 9335
中国の宴会席で座る位置とマナー

中国人たちの処世観を了解するには下の話を注意して考える必要がある。
(沒有事児吃飯 - 仕事がない時お互いに食事をよくして)(有事児蜉梹阀 - 仕事がある時はお願いをしなさい)
中国ではすべての重要な事はほとんどが食卓で成り立言える程に招待にあずかって招待しながら関係が成り立つし、中国で食事礼節は時にはまことに重要になっている。

なおかつ 6000余類材料で 8,000余類の料理を作ると言う中国で外国人としては料理を注文すること自体が実に難しいと言えるが、これは食べ物の相性を計算して料理を注文するからでもある。

中国食堂に行けばホールで食べることもできるが大概の宴会はルームで単独に成り立つ。 そのためか必ず予約をしなければならないしできれば 8人以上になると相応しいと言える。 食堂門を立ち入れば待機する椅子があって皆が集まればその食卓の席を決めて座るようになるという点である。

写真で見るように Aはその日招待した人が座る位置で門を眺める席の中央になってその食卓の上にはさじとはしと御箸が二つが置かれていて前のは招待した人に食べ物をつまんで勧めるための御箸だと言える。

B番の席は招かれた人の中で一番地位の高い人が座る席ですべての食べ物はこの B番から分配が左に成り立つという点である。

C番は招かれた二番目地位にいる人が座るようになる。

D番は招待した人側で二番目地位の人が座るのにやっぱり御箸とさじとはしが本人のと両側の E番と F 番に料理をつまんで勧めるために用意されている。

E番とF番はやっぱり招かれた人の中で序列によって座るようになる席である。

G番とH番は通訳や運転手の座る席になる。

料理が出て食事が手始めになれば先に A番に座った人があいさつとかその日の事項に対して話をしてお酒を 3回乾杯をするように勧めるようになるが、新しい料理が出れば勧める場合もある。
この A番の乾杯3回が終わるとその次はそのお酒を勧める権限がD番で移ってやっぱり3回の乾杯を申し入れる。 このような見えない手順が終りが出れば招かれた人が乾杯を申し入れることもでき少しずつ雰囲気が活気を溢れるようになるが大概は D番が酒席の雰囲気を導いて行くようになる。

招請を受けた人々はその 6回の乾杯の提議が終りが出ればあの時から乾杯を勧めることができる。 しかし一番重要なことは酒に酔って自分の管理ができなければその人は中国で今後も人間関係に困ると言えるでしょ。
中国人はお酒も一つの食べ物と見なすから自分の管理ができなくて酔って醜態を演じれば教養がない人として判断しやすいからである。

たいてい投資が大きいとかその地域の市長や高位管理を招待するにおいて大概は招請をするとすぐに出る市長や高職管理はない。
副市長や秘書陣たちが出席した席で酒に酔って間違いをすればその人は永久に市長にお会いする事がなくなるでしょう。

また招待を受けて招待した人が接待用御箸で食べ物をつまんでくれるから本人も自分が使った御箸で食べ物をつまんで挙げてもならないという点も念頭に留めおかなければならないことである。
中国での招請と招待する事と食卓で友情を深めながら重要な事業話も交わすことができるのは中国でビジネスをする場合にはまことに重要な事である。

中国料理を楽しんで中国人々とより一層仲がいい友情と関係を積んで行くには余裕のあって豊かな心で 1時間が過ぎる中国の食事時間に忍耐心を持たなければならない。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3