作成日 : 2009-08-28 17:31|HIT : 7955
中国ドラマ概況

中国ドラマの歴史と伝承

中国のドラマは他の国に比べてその出発が比較的遅れる方である。 中国最初のテレビ放送局の北京TV(現在の中央TV)が1958年5月10日創設されたし、その年6月15日にここで中国最初のドラマ<一口菜餅子>を放送したのでこれがまさに中国ドラマの最初である。 中国のドラマ歴史は概して五段階で分けることができる。

第1段階:1958年~1966年,中国ドラマの草創期.
この時期に放送されたドラマの数はとても少なく8年の間に北京TVで放送されたドラマは87編に過ぎなく、内容は一般的に英雄的な人物を称賛したことに偏重されていて制裁の幅が狭くて水準もとても低かった。

第2段階:1966年~1976年,中国ドラマの沈滞期.
この時期は文化大革命期間で一編のドラマも創作されなかった。

第3段階:1978年~1983年,中国ドラマの回復期.
この時期にはドラマの創作面で比較的大きい発展を成し遂げた。 1983年中央TVで放送されたドラマは428編に達する。 種類と様式、芸術性面で順次豊富で多彩になったし、TV連続ドラマ、ドキュメンタリードラマ、歴史人物伝記ドラマ、喜劇ドラマなどが出現した。 しかし全般的な創作面で見ればそれほど好転することができなく芸術的な水準もたくさん欠如していた。

第4段階:1984年~1990年中国ドラマの発展期
 
この時期にはドラマの数量が大幅に増加した。 1989年全国的に2035編のドラマが創作されたが現実を反映して普通の人々の献身的な精神を称賛したのが創作の主流をなした。 芸術的な面でもその水準が大きく向上した。 創作面ではドラマ芸術規則の摸索と人物性格、内面世界の描写を重視したし、感想のための配慮も日々強化されていった。

第5段階:1990年~現在中国ドラマの繁盛期
中国のドラマは現在ドラマの"基地化"生産段階に入っだ。ドラマの連続化、通俗化および室内劇の興起で1996年には8000編余りのドラマが創作された。 時代性と豊富で多様な芸術性を整えた優秀な作品らがたくさんあふれ出ることによってドラマ視聴の熱気が一層高まっている。

最近十何年間中国経済の発展と国民生活水準の向上に従ってTVが速かに普及してTVを視聴する人がますます多くなった。 これにTVドラマは速かに盛んに行われた芸術分野になりました。
1990年代に全国に放映されたTVドラマ中で比較的大きい影響を及ぼした優秀なTV連続ドラマでは≪西遊記≫ ≪紅楼夢≫ ≪楊家将≫ ≪四世同堂≫ ≪囲城≫ ≪新生≫ ≪渇望≫ ≪編輯部的故事≫ ≪宋慶齢と彼の姉妹ら≫ ≪外来妹≫ ≪ニューヨークの北京人≫ などがある。

統計によれば現在中国にはすでに6億台のTVと11億人余りの視聴者を保有しており、1997年ドラマの生産量は1万編余りに達した。 現在中国のドラマはますます他の国の視聴者たちの歓迎を受けていてこれによって多くのドラマが日本と東南アジアの国に放送された後良い反応を呼び起こしている。

TVドラマは内容展開と放映時間が映画よりはるかに弾力性があって1~2集や何十集、さらに100集以上まで作ることができるだけでなく劇場まで行く必要なしで家で見られるから非常に便利である。TVドラマの繁盛は映画芸術の世界を拡大させて人々の文化生活を豊富にしてくれた同時に映画の強力なライバルになって映画事業に危機を持ってきた。 このように難しい状況にもかかわらず,中国の映画界はより一層大きい進歩と革新を通じて比較的多くの観衆を勝ち取っている。

現在中国には20ヶ余りの各種映画製作所があってTV放送局が各省と市に皆あるのにこちらで毎年100編余りの劇映画と数千編のTVドラマを製作している。 映画とTVドラマの創作を促進させるために関連部署では定期的に優秀映画とTVドラマ授賞式を挙行している。 中国で映画人材を専門的に養成する大学は北京電影学院でこの学校は開校40年以来映画界に多くの人材を輩出して"中国映画芸術家のゆりかご"と呼ばれる。 中国は国産映画他にも文化交流を通じて計画的に大量の外国映画とTVドラマを導入した。

コメント : 0
  • 目次
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3