作成日 : 2009-08-28 17:29|HIT : 7101
中国映画概況

中国映画の歴史と伝承


映画は近代科学技術の基礎の上で発展した一つの総合芸術である。映画の出現は百年の歴史もならないので中国での歴史はより一層短い。 しかし映画芸術はむしろ影響力が最も大きくて成長が最も速い芸術なのにそれは中国でもそうである。 今日中国の映画は十四億の観衆を保有しているだけでなく国際市場にも進出して世界映画界で堂々と一席を占めている。
中国最初の映画は1905年北京豊泰写真館(今の琉璃廠付近)で撮影した古代戯曲≪定軍山≫である。中国最初の劇映画は1913年鄭正秋が脚色を演出した無声映画≪難夫難妻≫である。 中国最初の映画会社は1918年に設立された商務印書館の活動影戯部である。その後で各種映画会社が相次いで設立され、中国の映画事業は発展し始めた。
中国の10~20年代初期映画は芸術賞で幼稚で技術も後れたが、主に倫理編、愛情編、武侠神怪編、探偵冒険編、ユーモア編が大部分であり以外にも風景編と時代編、時事編、黒幕編などがある。 大多数の映画には半植民地反封建的な色彩が充満する。
当時にはいくつかの進歩的な映画関係者たちだけ少量の比較的良好な映画を製作したし、それはまさに鄭正秋演出の≪難夫難妻≫ ≪孤児救祖記≫ ≪上海一婦人≫, 洪深が演出した≪馮大少爺≫ ≪愛情と黄金≫、 田漢が演出した≪民間に行く≫ などである。
30~40年代になって、左翼文芸運動の推進下で中国映画はたとえ色々な困難を経験したが、結局は方向を正してだんだん成熟し始めた。 この時期には映画創作の絶頂期を迎えることになって多くの優秀な映画と映画シナリオ監督俳優があふれ出た。 当時に比較的有名な映画では夏衍の≪春蚕≫, 田漢の≪三人の新式女性≫ ≪麗人行≫, 蔡楚生の≪漁光曲≫, 洪深の≪劫後桃花≫, 袁枚之の≪都市風光≫ ≪路上の天使≫, 沈西の≪船家女≫ ≪十字街頭≫, 史東山の≪八千里の雲と月≫陽翰笙の≪三毛流浪記≫ 陳白塵の≪カラスとスズメ≫ などがある。 この映画らは思想的にも芸術的にも皆比較的高い成就を成し遂げて強烈な社会的影響を及ぼした。
新中国成立以後に政府で映画事業を積極的に奨励して映画の製作条件が大きく改善された。 文化大革命以前17年の間には劇映画だけで650編が製作されて優秀だったり比較的優秀な映画が大量にあふれ出た。 主要作品では≪白毛女≫ ≪南征北戦≫ ≪渡江偵察記≫ ≪董存瑞≫ ≪青春の歌≫ ≪林則徐≫ ≪五朶金花≫ ≪李双双≫ ≪舞台委の姉妹(舞台姐妹)≫ ≪甲午風雲≫ などがある。 10年にわたった文化大革命中に中国の映画事業も同じように打撃を受けてほとんど行き止まりに入った。
10年にわたった政治的動乱が終わって改革・開放政策を実行した以後中国映画は非常に速い速度で回復して新しい発展段階に進入することによって比較的繁栄を享受する局面を迎えた。 それは主に次のような方面と表現された。
最初に創作思想が解放された。 中国映画発展思想の優秀な伝統を継承しただけでなく外国映画の表現手法を幅広く吸収して形式、技術、技巧など各方面で皆革新を起こした。
二番目は反映された題才と内容の範囲が拡大して多くの聖域を打破して行くほど多様化した。
三番目は既成監督と既成俳優の他にも才能が優れた中青年監督と俳優らが絶えずあふれ出た。
四番目は優秀な映画が大量で創作されて中国映画はすでに世界映画界に進出した。 例をあげれば西安映画製作所の監督張芸謀は40才余りに若い女優(鞏利)と合作して撮影した映画≪赤い紅高粱≫ ≪菊豆≫ ≪紅灯を高くかける(大紅燈篭高高掛)≫ ≪秋菊の訴訟(秋菊打官司)≫は皆国内外の映画祭で入賞して多くの影響を及ぼした。
以外にもこの何年間に出てきた優秀な映画では≪牧馬人≫ ≪城南旧事≫ ≪天雲山伝奇≫ ≪中年になれば(人到中年)≫ ≪芙蓉鎮≫ ≪高い山のふもとに置かれた花輪(高山下的花環)≫ ≪開国大典≫ ≪大決戦≫ ≪周恩来≫ ≪毛沢東と彼の息子(毛沢東和他的児子)≫ などがある。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3