• ブックマック
  • オンライン 12
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国芸術


曲芸芸術

6,464 2009.08.28 17:21

첨부파일

짧은주소

본문

曲芸は中国説唱芸術の総称で包括している種類は非常に多く、全国各地の曲芸を皆合わせれば300種余りに達する。 このように種類が多様な曲芸は全体的に見れば相声、鼓曲、快板、評書の四種類で区分することができるし、その中でも特に鼓曲の種類が最も多い。

曲芸は中国でも古い芸術の一つで話によればかつて2千余年前に中国には"伶人"と呼ばれる説唱公演を主な仕事とした芸人があった。 しかし唐代以前の中国説唱芸術の状況に対する根拠資料は大変少ない。 考証できる最初の文物は四川成都付近の東漢時代古墳の中で出土した"伶人傭"であるが、その"伶人"はわきに鼓を挟まって手にうちわを揺さぶって片方の足を高く上げていて,このような動作表情で見ればあたかも太鼓を叩いて歌を歌っているように見える。 これは今日"説書"の姿と似ているから人々はそれを"説書傭"という。 まだ中国戯曲研究者らは唐代以前の中国説唱芸術の状況に対してたとえ多くの歴史的資料を持って説明できないが、この"説書傭"は漢代にすでに説唱芸術があったとのことを証明すると主張する。

唐代に達して説唱芸術は文字で記録され始めただけでなく説唱に使われた"脚本"もあったのでこれがまさに敦煌で出土した"変文"である。 "変文"は本来仏教を講唱するために使われた解説であり、その中には若干の民間語辞が挿入されているので後には徐々に発展して仏教とは関係がない説唱芸術になった。 宋代になって都市商業と手工業の発達に従って"勾欄" "瓦舎"を舞台にした市民文化が旺盛に起きて説唱芸術は速かに発展した。 一方では多くの曲芸芸人があふれ出て他の一方では説唱芸術の種類も増加した。説唱には話すのと歌うこと、話して歌うことなどがあるのにこれらは社会的な文化生活を非常に豊富にして、中国曲芸の基礎を固めた。 元明清時に中国の説唱芸術は宋代の基礎の上で持続的に発展して全国各地で流行したし、種類もますます豊富だった。

新中国成立以後に中国の各種の説唱芸術は"曲芸"と称された。 中国政府では伝統曲芸の収集、整理、革新事業を重視して全国各地に専門曲芸団を設立した。 既成芸人らには芸術的才能を十分に広げる場を提供し、新進芸人らには成長に良好な環境が提供されたので新しい曲芸作品が無限に出現することができた。 旧中国で曲芸は"小市民の文芸" "低俗な文芸"と見なされて"大雅之堂"に上がることができなかった。 1949年以後に曲芸はそれの特殊な芸術的興趣で大衆の歓迎を最も多く受けた芸術形式中の一つになった。今総合性の文芸公演には必ず曲芸プログラムがあって、そうでなければ人々はなぜか何となく寂しい感じを持つようになる。

曲芸はなぜこのように広大な中国民衆らの歓迎を受けることになったのだろうか? それは概して下のようないくつ著しい特徴を持っているためである。
最初に短いが力があって伸縮性があって便利である。 他の芸術形式に比べて,曲芸は
①必要とする俳優が少なく、一般的に一人か二人のみで公演できる。
 ②楽器、服装、場所が簡単で伴奏はおよそ二種類の楽器があれば出来るし、楽器が全く必要なく、服装と場所も特殊な条件がない。
③公演時間が一般的に十数分で短い。 評書は時間がたとえ長いがいくつかで短絡を分けて公演する方法を取るから各短絡の時間はやはり長くない。
まさにこのような理由のために曲芸は一般民衆の中で普及するのが非常にやさしかったのである。

二番目, 説唱中心なので躍動感あってユーモア的である。 曲芸はたとえ動作演技があるがそれは比較的に少ないながらも簡単で主に説唱を浮上させる作用をする。 曲芸の主要公演手段は主に台詞と歌あるいは台詞と歌の結合を通じて話を叙述して人物を描写してあらすじを展開する。 曲芸は内容の選択、あらすじの構成、人物の塑造、言語の運用および俳優の表情動作において躍動感を非常に重視してユーモア感と興味性が豊富で,群衆に対する強烈な吸収力を持っている。

三番目 通俗的なのでわかりやすくて誰も皆鑑賞することができる。 曲芸の言語は標準語を使ったのもあって当地の方言を使ったのもある。 どんなものを使っでも言語は皆高度な修飾と加工を経て、非常に大衆化生活化された。 台詞や歌を問わずわかりやすくて喜劇の言語が高度に詩化、演唱化になってわかりにくいこととは違う。 したがって曲芸の芸者は説唱公演を通じて直接的に観衆と交流して観衆の注意力を集中させやすかったし、一般の人々は年齢の多少や文化水準の上下に関係なしで普遍的に曲芸に対し多くの興味を持つことになった。
댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 1 페이지
中国ドラマ概況

中国ドラマの歴史と伝承 中国のドラマは他の国に比べてその出発が比較的遅れる方である。 中国最初のテレビ放送局の北京TV(現在の中央TV)が1958年5月10日創設されたし、その年6月15日にここで中国最初のドラマ<一口菜餅子>を放送したのでこれがまさに中国ドラマの最初である。 中国のド…

中国映画概況

中国映画の歴史と伝承映画は近代科学技術の基礎の上で発展した一つの総合芸術である。映画の出現は百年の歴史もならないので中国での歴史はより一層短い。 しかし映画芸術はむしろ影響力が最も大きくて成長が最も速い芸術なのにそれは中国でもそうである。 今日中国の映画は十四億の観衆を保有しているだけでなく国際市場…

中国音楽概況

中国伝統音楽の歴史と伝承中国の伝統音楽は主に民歌舞曲、説唱、戯曲、器楽の五種類に分けられる。 悠久な歴史発展過程の中で中国音楽も同じように独特の民族風格を形成した。出土した文物の考証に基づけば中国は約5千年以前の原始氏族社会に歌舞と歌曲が誕生した。 すなわち商周時代に達してすでに比較的発達した音楽文…

열람중  曲芸芸術

曲芸は中国説唱芸術の総称で包括している種類は非常に多く、全国各地の曲芸を皆合わせれば300種余りに達する。 このように種類が多様な曲芸は全体的に見れば相声、鼓曲、快板、評書の四種類で区分することができるし、その中でも特に鼓曲の種類が最も多い。曲芸は中国でも古い芸術の一つで話によればかつて2千余年前に…

曲馬芸術

曲馬芸術の由来と伝承古代曲馬と現代の曲馬はその意味が違う。現代の曲馬は各種獣を飼い慣らす公演の別称だが、古代曲馬は馬馴らしを含んだ馬上での各種技術を示す。 中国曲馬の起源は歴史上の馬牧畜と馬使用この2種類発展状況から分析しなければならない。 出土した文物で見れば戦国時代以前の戦争と貴族らが外出をする…

楹聯芸術

中国伝統芸術-楹聯"楹聯"は中国伝統文化中の独特の芸術形式で、楹聯の形成は漢字の特徴と密接な連携を持っている。 すなわち漢字は字ごとにいくつの筆画と部分で構成されたし、読み方も4声を原則にするから整潔で対称される楹聯の芸術形式を現わすことができるようになった。 楹聯とは柱に聯句(各自が一句ずつ縁組み…

東北二人転

二人転は東北地域で現われた特殊な民俗公演で ‘一食ほどは飢えてもそのお金で二人転を見る価値がある!’と言うほどに多くの愛を受けているしまた東北住民の大まかで熱情的な性格の表現方式の中で一つで中国北方民俗を代表することができる芸術形態である。二人転は別名(小秧歌)、(双玩芸)、(過口)、(風柳)、(春…

寿山石彫刻

中国の寿山石は 1500余年の歴史を持っている。宋朝時の"三山誌"には既に寿山石採掘に関する最初の記載が残されている。 当時の寿山石採掘は民間のみではなく官府でも参加したから採掘規模は相当な水準に至った。 今日の福州地域で出土された宋墓寿山石豚俑(殉葬する時使われた土や木で作った人形)などをおいてみ…

変瞼芸術

変瞼(変面 へんめん)は中国伝統劇の一つの手法で、演技者が顔の仮面をあっという間に変える魔術と似ている公演を指す)は中国伝統劇中劇中の人物内心と思想感情を著しく表現する一種の浪漫主義技法である。 伝説での "変瞼"は古代人類が凶悪なけだものたちを対処するために自分の顔にいろいろな形態の絵を描いたの…

紫砂壺

中国は茶文化の起源地で茶具は茶文化で除くことができない重要な一部分である。茶具中でも紫砂壷(江蘇省宜興で生産される陶磁器用土である紫砂で作った急須)が一番有名だ。紫砂壷は詩と書道、 絵を一体化した工芸で作られることで有名で中国伝統文化の宝物の一つで数えられる。紫砂壷が現れた年代は実証が難しい。ただ少…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?