作成日 : 2009-05-31 22:38|HIT : 4831
楹聯芸術

中国伝統芸術-楹聯


"楹聯"は中国伝統文化中の独特の芸術形式で、楹聯の形成は漢字の特徴と密接な連携を持っている。 すなわち漢字は字ごとにいくつの筆画と部分で構成されたし、読み方も4声を原則にするから整潔で対称される楹聯の芸術形式を現わすことができるようになった。
楹聯とは柱に聯句(各自が一句ずつ縁組みされるように作った詩)を貼ったのに初節と二つ目の節がお互いに対応されるから"対聯"あるいはお正月に付ける柱聯だから "春聯"ともいう。 中国人たちはお正月になれば楹聯をドアの両方に付して節日の楽しい雰囲気を作る。

中国の楹聯は古代の桃符で起源された。 桃符とは古代人々が鬼を追って安全をはかる一種のトーテム信仰だ。 "山海経"には次のように記載した。 東海の桃都山には大きい桃の木があるのに樹上には神荼と郁蝙窒ニ呼ぶ二人の神さまがいて各種悪鬼が出入りするのを取って虎に食べさせるという伝説がある。黄帝は一種の礼儀を制定して秋夕あるいは元日になれば人々がドアの上に神荼と郁蝙駐ツの神像を描いて入れて鬼を追って家庭の安全を保護するようにした。 その後で徐徐に一種の風俗が形成されたが、それが毎年お正月になる度に桃符をドアの上ににかけて置くのだ。 
楹聯の芸術は主に文学創作と書法芸術を結合したことすなわち書法を利用して詩句を書くことで時に彫刻芸術を結合してもう書いておいた・雷蛯撃ノ彫刻する形式で石刻と木彫りの楹聯を形成する。 中国の芸術は大部分が美化と飾りにたくさん気をつけるのに楹聯はちょうど美化と飾りの芸術として宮殿、 源林など建築物に手広く運用されたりした。 同時に楹聯は文学創作形式と文学創作活動として常に文人の創作趣味を起こして幾多の場所で詩句を繋ぐ大会をする賑やかな場面を易しく見ることができる。 楹聯の内容は詩詞と同じく景色や品物を描くことができるし、比喩と風刺の形式を採用することができて人々の理想と趣味を表すことで人類の真善美に対する追求を体現してくれる。
コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3