作成日 : 2009-04-03 15:47|HIT : 7526
寿山石彫刻

中国の寿山石は 1500余年の歴史を持っている。
宋朝時の"三山誌"には既に寿山石採掘に関する最初の記載が残されている。 当時の寿山石採掘は民間のみではなく官府でも参加したから採掘規模は相当な水準に至った。 今日の福州地域で出土された宋墓寿山石豚俑(殉葬する時使われた土や木で作った人形)などをおいてみる時数量が非常に多いだけではなく種類が豊かで模様も多様で当時寿山石彫刻は成熟段階に立ち入ったことが分かる。
元朝、明朝時期寿山石印鑑は柔らかくて刻み易しくで書道家, 彫刻家達の寵愛を受けた。明清の皇帝・王様・将軍・首相のあれこれと愛顧を足して、 この時から中国の独特な寿山石の彫刻芸術が大きい発展を持って来るようになった。 同時に中国画の影響を受けて寿山石彫は独特の芸術地位を形成した。

清朝時期の寿山石彫刻は繁栄の時期を迎えた。 歴史資料によると清朝の雍正皇帝時期に寿山石彫刻は官庁の徴税範囲に入ったし彫刻芸術は材料に根拠して道場、文具、人物、動物及び各種器など多様な技法をお目見えしたと言う。 乾龍皇帝が使った宝印(貴重な印鑑)"は当時寿山石で高い彫刻技法で作られた印鑑として国家の財宝と呼ばれている。

寿山石彫刻は中国伝統玉石文化で特別な地位に置かれているしその彫刻品は優雅で精巧の象徴で思って来た。現代寿山石彫刻は伝統技法を伝え受け継いだ基礎で創造性を結付して材料、色相、模様などを充分に利用している。 しかし寿山石採掘が限界に達しで作品は現在ますます珍しい位に稀な存在になっている。

寿山石彫刻は色相を巧みに利用するだけではなく引き合わせるのを避ける。普通良い作品は全体を一つ石で作られた自然美を追い求める。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3