切り紙芸術 剪窓花 > 中国芸術

本文へ
サイト内検索

中国芸術


切り紙芸術 剪窓花

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,280회 작성일 09-03-11 23:44

본문

剪窓花の起源に対する伝説はさまざまである。冬の窓に下った霜をきっかけにしたという説、 建築時柱に刻んで置く柄がきっかけになったという説などがあるが、一番多く知られた説では邪悪を追い出して福を祈る意味で由来されたと言う。

中国宋代以前までは立春なら窓に紙で柄を出した窗花を付けて春を迎える風俗習慣があったと言う。その後春節という概念が認識されて行きながらこれ以上単純に立春にだけ使った習慣から春節にも紙花を付けるようになったし旧暦12月30日は家ごとに窓には赤色紙花たちが咲き始めて節日の雰囲気をもっと濃くした。


新しい一年の手始め、万物蘇生の手始めがすぐ目の前に迫って来だという美しい未来を描く人々の心を表現した。


春節の剪窓花は全般的な共同性を持っていながらも地域によって少しずつ変化をたたえていてまさに形態が千差万別で種類が推し量ることができないほど多い。威海地域でよく見かける剪窓花では八方進財、財神臨門、年年油油、年年有余、春回大地、梅花報春、五穀豊登、 六畜興旺、農事耕収、漁船満載、喜劇人物、 神話故事、花鳥虫魚、十二生肖、古典図案、芸術万字などである。


剪窓花は一枚の折った赤色紙をはさみで切れる所がなしに模様が同じ柄を作り出す。賢くて手先のすぐれた女性たちは心中に描かれている図案によって直接剪窓花を作ったし花、 虫、 魚、蝶も一方に一つずつ, 番を成して作られてこれは対称美を追い求める人々の心を表現した。 その外にも窓と窓間に柄が複雑で模様が大きい剪窓花を付けたりするのに一般的に周辺は壁紙または文字などで作られているし余白を残しておいて窓を通じて日の光が入って来ることができる役目をした。


剪窓花を作る方法にも南方と北方が違う。一般的に南方地域では柄が細密で小さな部分は刀で切り取り出す習慣があり北方は簡潔で豪放してはさみだけでも作ることができる。剪窓花はこの二つの特徴をすべて持っていて一部は線が簡潔で豪放してその意味に重点を置いて模様は特別に追い求めないしまた一部は画法みたいに精巧で細密で意味と形態を一身に持つ。


硝子を使った窓に前唱和を付ける時は正面が外を向けるようにしなければならないし年齢や意味によって選択方法も多様である。 年寄りたちが部屋には(麻姑献寿)、(松鶴寿万)などの長寿を意味して中年夫婦の部屋には(祈福祈財)などの福を称える文句を、新婚夫婦の部屋には(麒麟送子)”という子孫繁昌の意味を、未婚男女の部屋には(才子佳人)という良い配偶者を祈る心を、子供達部屋には(娃娃抱鯉)などの面白い文句を素材に使って節日の雰囲気をそそってくれるだけでなく家主人の身分を現わす役目もしている。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
474
어제
610
최대
971
전체
136,743


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.