作成日 : 2009-03-11 13:38|HIT : 5584
唐三彩

唐三彩は唐代の陶器の一種で黄、白、緑を基本的な釉の色にしてるのでこれらの陶器を“唐三彩”に称する。
"唐三彩"と言う名前は出現してからやっと 100年も経たないが今は中国古代陶磁器芸術の頂点となって全世界的に響くように呼ばれている。
唐三彩の分布は長安と洛陽両地で、長安の唐三彩は西遯曹ニ呼んで洛陽の唐三彩は西遯曹ニ呼ぶ。
特に洛陽の唐三彩は中国陶磁器歴史で新しい時代を開いておいたし唐朝文化全盛期の輝く芸術成果を反映してくれる。

洛陽で大量の唐三彩陶器が出土されたことは洛陽近所の河南貢県が唐朝時期唐三彩を製造する故郷だったからである。
発掘された資料に根拠すれば洛陽唐三彩は則天武后時期と唐中宗時期(紀元 684年~709年)の墓でたくさん出現したし唐賢宗初期以後の墓では見つけにくかった。 唐三彩がたくさん出現したこの時期はまさに唐の国力が一番強くて社会が安定的で経済が盛んな時期だった。洛陽唐三彩は品種が多様で内容が豊かで当時の社会生活の各方面を含んでいる。

洛陽唐三彩は主に副葬品でたくさん使われたし土俑類と器類で分けられる。 土俑は素材が非常に手広くて主に婦女、官員、武士、天王、けだものなどの種類がある。 このような土俑は他の性格特徴をいきいきと現わした。例えば貴族婦人は顔型が丸くて身体が豊満で派手な頭飾りと服を着ている。 その外官員は淑やかで、武士は勇猛で気迫があり、天王は威容を誇っている。

土俑を製作する時人物の質感を強化するために人物の頭部位は上薬を使わないで白いパウダーで塗ったし唇と頬は赤色パウダーで塗って瞳、 ひげ、帽子などは墨あるいは彩色で刻んで事実效果を強調してくれている。

唐三彩の女性土俑は唐朝ソーシャルライフの鮮やかな女性人物を素材にしているし唐朝婦女たちの自由な姿態と柔らかい肌と豊満な形象を集中的に具現している。

また唐三彩胡人と舞踊、サーカス土俑は他の限り側面で唐朝生活の多様さと豊かさを再現してくれているし唐朝時期中原と辺彊各民族たちの友好的な関係と頻繁な取り引きの情況を再現した。
日本の奈良時期にかつて中国の唐三彩を模造して作った陶磁器を奈良三色彩と称されて、朝鮮の中国の三色彩を似せて作ったのを新羅3色彩とも呼ぶ。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3