作成日 : 2009-03-06 22:51|HIT : 3371
鐘鼓之樂

鐘と太鼓は中国で早く現われた。社会の発展といっしょに東漢時期仏教が中国民間に広く伝わりながらお寺でたくさん使われる鐘と太鼓も中国と特別な縁を結ぶようになった。 何百年間雍和宮近所の住民たちは毎日慣れた太鼓の音を聞いたし紫禁城近所の住民たちは紫禁城内の鐘と太鼓の音を聞くことができた。



古代打楽器で使われた鐘は青銅器時代に盛んだったし当時の音律学、声学と青銅製造技術の発展と引き離すことができない。 青銅鐘は素材が堅固で腐食され難いので今日まで 2000~3000年を経って来たが相変らず私たちに古代と同じ音響を聞かせてくれる。
鐘は古代で楽器にだけ使われただけではなく地位と権力象徴の礼器でもあった。 だから王公貴族は祭礼など各種儀式で鐘樂を手広く使った。



太鼓

太鼓は中国伝統的な打楽器である。太鼓は良好な共鳴作用があるから音が大きくて遠く広がるなど機能で早くも華夏先祖たちに軍事的に士気を引き立ててくれる役目をした。
原古時期太鼓は空と通じる神器と思われて主に祭礼にたくさん使われた。 狩猟活動の中でも太鼓は手広く使われたし楽器としては周王朝から使い始まり当時はすべての音の首領で思われた。
太鼓は文化的要素が多く含太鼓の音は人類社会の発展とともに少しずつ文明と共にで進んだ。 原始社会の陶器太鼓、土太鼓、皮太鼓、銅太鼓から今日の各種現代の太鼓に至るまで太鼓は人々が一番好きで手広く使う楽器中の一つで認められて来た。

最初の太鼓は原始時期の人々が使う陶磁器など生活用品で進化されて来たことに推測されているのに出土された陶器太鼓は早く6000~7000年前の新石器時代には既に製造と使用が可能になったと知られている。

古代社会で太鼓は楽器でも祭礼に使われただけでなく敵を破って獣を追うにも使われた上に時間のお知らせと警報などの用途でも使われた。 社会の発展といっしょに太鼓の運用範囲はもっと手広くなって民族楽団、各種喜劇、 曲芸、歌舞、ボート競走、獅子舞、集会などは皆太鼓の音がなければならなくなった。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3