作成日 : 2009-03-06 21:59|HIT : 3153
面花芸術

中国は古い面食歴史を持っているし面食は各地域の風俗、信仰と結合して徐徐に審美的方向に転換されている。 長期的な歴史発展過程の中で面食は飽満の需要を満足させるために一部食べ物文化風土に融化されたししたがって一種の芸術形式で発展した。
これは民生たちの生理的需要を満足させる同時に心理的な需要も満足させようと思ったということを説明してくれる。 面食の加工は人々に味覚的楽しさを付与する同時に視覚的味感を突出したがこれは濃い文化的意味を盛っている。 人々は各種民俗文化に色彩が多様な民間面食芸術品である面花を創造するようになった。

面花は食用を目的にしないで祭祀と贈り物など民俗活動にたくさん使われるのに各種民俗活動の消失とともに面花はその他民間芸術品と同じく実用性は徐徐に弱くなって審美的鑑賞価値が徐徐に強まっている。 しかし人々の審美観の変化に従って今日の面花は伝統的な形象とフレームを保存してからはある。
面花は豫荳恂ッ俗活動中の重要な構成部分として豫荳恊l々の心理的感情と文化的意味を表出している.

豫荳怏・C一帯の漁民たちは海神に祭祀を執り行なう風俗がある。 毎年正月 13日になると海神に祭祀を執り行なうのに竜王と海神祖馬に供養して供養品は普通小麦粉で作った人頭魚神、蝦神、蟹神などである。
神霊に捧げるお供えでまた多い人々に提供する鑑賞品であるだけにこのような面花を作る時は真心をつくす。 漁民たちは海産物は皆海神と関連があり漁民たちが大きい収獲を得ることができるように祈って供養卓に小麦粉でこしらえた魚を中央において富貴を象徴して両方に小麦粉花ナツメをおく同時に周りには豚、羊など小麦粉花をおく。
豊かで精巧な豫荳恂ハ花芸術は漁民の知恵を反映する。面花芸術は多様な模様と色彩で自分の願いと希望を表出したしこのような文化はずっと豫荳恣`統文化を継勝と発展することができるようにした

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3