作成日 : 2008-11-21 15:16|HIT : 3725
鈞瓷工芸

中国は世界的で有名な陶磁器の国としてCHINAで呼ばれている。中国陶磁器の千余年の発展歴史で今から1300年前に示した鈞瓷は特別な歴史的な意義と芸術的な魅力を持っていて中国陶磁器芸術の宝物になっている。 鈞瓷は中国中部に位した河南省禹州で生産された。 ここは鈞瓷だと呼んだことのためにここで生産された陶磁器も鈞瓷だと呼ばれた。
鈞瓷は7世紀唐朝の時から生産されはじめたし10世紀宋朝時全盛期に至った。 唐と宋以後帝王たちはほとんど全部鈞瓷を皇室の御用進品で見做して毎年36個しか生産しないように規定した。その頃鈞瓷を(神鈞寶瓷)、(奇珍異寶)、(精妙絶品)で封じて民間で所蔵することができないようにしたので宋時から鈞瓷は<黄金は値段があっても鈞瓷は値段がない>という声誉を持つことになった。また唐皇帝は鈞瓷を殉葬品にできないと命令したことのために今墓で出土した遺物の中でも鈞瓷はとても少ない。 世界的で有名な大きい博物館に一部所蔵されているがその数がとても少ない。 だから<家の中にいくら財物が多いと言っても鈞瓷一つあるのより劣る>という言葉がある。



鈞瓷がこのように貴重なのは独特で奇妙な制作技術である窟變にその原因がある。窟變技術は千態万象を持つ珍しい天然色を創造して陶磁器が生産されて以来青磁と白磁が天下を統制していた歴史を変えた。

鈞瓷の窟變は<単一色でつむじに入り、つむじから出る時は千変万化する>とも言われる。 鈞瓷の芸人たちは陶磁器を作る時に銅と鉄の成分を入れ同じ方法を使って焼くが過程にがつむじの置かれた位置、温度の高低によって焼き出した鈞瓷はお互いに違って色合いも千変万化する。 違う光線と角度で見つめる鈞瓷は特異な情趣と芸術的な魅力を漂っている。

自然的で形成された色合いは全部重複するのがないので<鈞瓷は無双で掘変は俵がない>だという言葉がある。
鈞瓷は奇妙な(開片)があります。 開片はまた(?瓷)ともするのにこれは目で見るときは線があるが手で触ればすべすべとした陶磁器を言う。 鈞瓷には人の力で作ることができない真珠点と貝跡、クモの糸、ミミズ跡のような奇蹟が示した。これは陶磁器中の宝物になっている。 ある鈞瓷は窟變でまた夕焼けと徐徐に昇る煙。 森の中に飛び込むカラスの姿、きらめく星空のような自然景観などが現れる。 こんな景観を持った鈞瓷作品は全部前例のない本物とされて更に大事にされている。
 
鈞瓷がこんな独特な芸術的特徴を持っていることのために10回焼けば9回は失敗する場合がある。 して最終的で焼けられた鈞瓷は更に世人に愛されている。
鈞瓷の作製工芸は宋(960-1279)全盛期に至った後歴史の中で各々自分の工芸特徴を創造した。だけど、歴史の多くの変故を経て鈞瓷の制作技術は逆に衰退しはじめ19世紀末に至っては鈞瓷の制作工芸はほとんど失伝されるようになった。 今中国の多くの芸術家たちは鈞瓷工芸を再び輝かすために鈞瓷芸術に対する発掘と探究に力を入れている。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3