作成日 : 2008-04-28 23:37|HIT : 5907
書道

 「書道」は字を書く芸術です。文字のある民族なら「書道」もあると言いますが,字を書く書道は全部芸術になるとは言えません。中国漢字書道が独立な芸術になる原因はこれは「図画性」が強い象形表意文字として,独特な形体結構点、横、縦、釣、捺などの筆画と独特な書き道具毛筆があるからです。書き者の字形、筆画「美」に対する追求は書道を民族美感、主観意味を表現し,移情できる芸術です。

実用はいつも審美の前です。言葉を記録する書き道具としての漢字は,必然に複雑な「図画」を簡単な「図画」に変えます。大篆が小篆に変化したのは,中国古文字発展の終結を標識します。「隶書」の出現は漢字の質の変化を発生させました。やはり漢字が「古」から「今」に転折した表現です。隶書の成熟、発展したのは東漢(紀元25-紀元220)時期です。草書の出現は,漢字を書道で極大な変化を発生させました。

漢以後の魏晋南朝(紀元220-紀元581)時期は中国書道が芸術発展中のもう一つの極盛時期です。この時の草、真(楷)、行書はもう成熟に近づき,書道理論も一時盛んになりました。東晋(紀元317-紀元420)時期に創造した「行草」は,哲理から芸術への濃縮です。こんな「行草」は後世書道芸術の発展する主潮になりました。宋代(紀元960-紀元1127)書道の韵致は「平淡」、「簡易」、「含蓄」の中で充分に表現されます。「行書」は「真」と「草」と比べると,「平淡」、「簡易」な境界を最も表現できます。
中国書道芸術はこんなに世代相継して,その伝統を形成したのです。伝統学の観点で見ると,伝統は一種の内在活力のある社会存在です。伝統は動かない石像ではないで,生命力で充満した洪流のようです。
  出所:www.chinawave.co.jp    

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3