伝統戯曲 > 中国芸術

本文へ
サイト内検索

中国芸術


伝統戯曲

페이지 정보

작성자 no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,974회 작성일 08-05-03 14:57

본문

中国の伝統戯曲では、「打楽器」を「武揚」と呼ぶ。平太鼓を受け持つ人は、いろいろな姿勢やたたき方で全ての楽器を指揮し、劇の物語に変化をつけたり雰囲気をかもしだしたりする。ちょうど楽団の指揮者に相当する。中国の「打楽器」は音色も豊かで、その種類も多いので、近代西洋音楽の創作曲にもしばしば使われる。「大鑼(大きなドラ)」で勇壮荘厳な雰囲気を作り出したり、「堂鼓(京劇で伴奏に用いる太鼓)」の高く力強く鳴り響く音で芝居の演出効果を高めたり、「木魚」や「磬(けい。玉あるいは石・金属を板状にして、大小長短異なるものを釣り下げた打楽器)」で神秘的な雰囲気を作ったりという具合に、さまざまに利用されている。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
502
어제
610
최대
971
전체
136,771


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.