• ブックマック
  • オンライン 13
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国芸術


雑技 サーカス

4,902 2008.07.29 23:43

첨부파일

짧은주소

본문

(雑技: サーカス)は世界的な公演芸術で中国での歴史はもっとも悠久なだけでなく民族的特色も持っている。

中国での雑技芸術はかつて石器時代からその芽が出始めた。例えば現代雑技の舞台でよく見れる手技プログラムである "飛技板"は今まで知られた最初の雑技項目でそれは新石器時代に起源を置いている。

 あの時には原始部落の人々がいつも狩猟道具を使って獣類を捕ったが、 この道具は考古学者たちによって "飛去来器"だと称された。 狩人が獣類を見つけた後それを投げれば "飛去来器"はぐるぐると回りながら目標物を向けて飛ぶのに, 的中できなければ自動的にぐるぐると回りながら狩人の手で戻る。
この "飛去来器"は今でも相変らずアフリカ、オーストラリア、インドなどのある部落では使われている。その後 "飛去来器"を投擲する技術が専門的な雑記項目になったからそれがちょうど今の (飛技板)である。 以外にも(飛叉)、(拉弓)、(舞流星)、(馴獣)などがあるのに皆上古時代にさかのぼることができる。
 
あの時の雑記萌芽は原始人類の労動と密接な関係を結んでいた。雑技が中国で一つの独立された公演芸術の一領域になったことは春秋時代に始まる。あの時に各地で(力士挙鼎)(侏儒爬杆)(闘鶏狗)(球上塁球)(口技)などのようないくつかの雑技の公演項目が出現した。

秦始皇が中国を統一した以後に六国の雑技と歌舞などの芸人らを咸陽に集めて統括して(角抵俳優之戯)"だと言った。
漢代に至って経済文化の繁栄と共に雑技芸術も高まった. あの時には楽舞と雑技を包括して(百戯)だと呼び、宮廷貴族から一般民に至るまで皆(百戯)公演を見物するのが流行った。

四書の記録によれば、B.C. 108年春に漢武帝が西域の各国使臣たちを招待して長安(百戯)公演を開いたと記録されている。その時に公演した項目では (角抵:相撲)、(爬竿:竿に登る)、(走大繩:繩の上を歩く)、(弄丸: 球の妙技)、(鑽火圏: 火の圏を潜り抜ける)、(倒立: 逆立ち)、(車戯: 自転車妙技)、(馬戯:馬を使った馬上での技)、(幻術:マジック)などがあったがその種類が非常に豊かで多様だった。

1954年山東沂南の東漢時代の古墳発掘の中には石に刻んだ (百戯図)が発見されたが, 絵は漢代の雑技公演の賑やかな場面を非常に動感ありげに再現した。これは漢代に中国の雑技がよほど高い水準に到逹したし成熟した公演芸術の一つとして歴史の舞台に登場して繁栄の段階に入ったということを言ってくれる。

中国の雑技は民間で起源し宮廷に流入されて興盛を享受した。
宋代から戯劇の興起でよって雑技が宮廷で占める地位も衰落し始めた。
芸能人たちも徐徐に自ら生計を捜す民間芸能人に転落して普通(勾欄)(瓦舍)"や村の路地でばかり公演した. このような新しい環境で雑技は小さくて精巧な形式たちがたくさん出現した。

近代に至るまで中国の雑技は基本的に小規模で多様な方向に発展した。 雑技芸能人の地位は特に近代に行くほど低くなって大多数は伎芸を売って生計を引き続いた。
非常に困窮した境遇でも雑技芸能人達は新項目をたくさん創造したが、古代の優秀な項目も残念ながらで消えたのも多い。

新中国成立以後に中国の雑技は新しく復興した。1950年最初の国家雑技団である中国雑技団が設立された。中国雑技団は新中国の雑技芸術を代表してヨーロッパ各国を巡回して外国観衆の熱烈な歓迎を受けた。
その後に中国の各省市でも雑技団が相次いで設立された。その中で比較的早く設立されて今日に至るまでその名声を揚げている雑技団では上海雑技団、広州雑技団、武漢雑技団、重慶雑技団、 沈陽雑技団、西安雑技団などがある。
 今中国には県級以上の専門雑技団が100余個があって雑技関係者は 1万名余に至る。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 1 페이지
中国ドラマ概況

中国ドラマの歴史と伝承 中国のドラマは他の国に比べてその出発が比較的遅れる方である。 中国最初のテレビ放送局の北京TV(現在の中央TV)が1958年5月10日創設されたし、その年6月15日にここで中国最初のドラマ<一口菜餅子>を放送したのでこれがまさに中国ドラマの最初である。 中国のド…

中国映画概況

中国映画の歴史と伝承映画は近代科学技術の基礎の上で発展した一つの総合芸術である。映画の出現は百年の歴史もならないので中国での歴史はより一層短い。 しかし映画芸術はむしろ影響力が最も大きくて成長が最も速い芸術なのにそれは中国でもそうである。 今日中国の映画は十四億の観衆を保有しているだけでなく国際市場…

中国音楽概況

中国伝統音楽の歴史と伝承中国の伝統音楽は主に民歌舞曲、説唱、戯曲、器楽の五種類に分けられる。 悠久な歴史発展過程の中で中国音楽も同じように独特の民族風格を形成した。出土した文物の考証に基づけば中国は約5千年以前の原始氏族社会に歌舞と歌曲が誕生した。 すなわち商周時代に達してすでに比較的発達した音楽文…

曲芸芸術

曲芸は中国説唱芸術の総称で包括している種類は非常に多く、全国各地の曲芸を皆合わせれば300種余りに達する。 このように種類が多様な曲芸は全体的に見れば相声、鼓曲、快板、評書の四種類で区分することができるし、その中でも特に鼓曲の種類が最も多い。曲芸は中国でも古い芸術の一つで話によればかつて2千余年前に…

曲馬芸術

曲馬芸術の由来と伝承古代曲馬と現代の曲馬はその意味が違う。現代の曲馬は各種獣を飼い慣らす公演の別称だが、古代曲馬は馬馴らしを含んだ馬上での各種技術を示す。 中国曲馬の起源は歴史上の馬牧畜と馬使用この2種類発展状況から分析しなければならない。 出土した文物で見れば戦国時代以前の戦争と貴族らが外出をする…

楹聯芸術

中国伝統芸術-楹聯"楹聯"は中国伝統文化中の独特の芸術形式で、楹聯の形成は漢字の特徴と密接な連携を持っている。 すなわち漢字は字ごとにいくつの筆画と部分で構成されたし、読み方も4声を原則にするから整潔で対称される楹聯の芸術形式を現わすことができるようになった。 楹聯とは柱に聯句(各自が一句ずつ縁組み…

東北二人転

二人転は東北地域で現われた特殊な民俗公演で ‘一食ほどは飢えてもそのお金で二人転を見る価値がある!’と言うほどに多くの愛を受けているしまた東北住民の大まかで熱情的な性格の表現方式の中で一つで中国北方民俗を代表することができる芸術形態である。二人転は別名(小秧歌)、(双玩芸)、(過口)、(風柳)、(春…

寿山石彫刻

中国の寿山石は 1500余年の歴史を持っている。宋朝時の"三山誌"には既に寿山石採掘に関する最初の記載が残されている。 当時の寿山石採掘は民間のみではなく官府でも参加したから採掘規模は相当な水準に至った。 今日の福州地域で出土された宋墓寿山石豚俑(殉葬する時使われた土や木で作った人形)などをおいてみ…

変瞼芸術

変瞼(変面 へんめん)は中国伝統劇の一つの手法で、演技者が顔の仮面をあっという間に変える魔術と似ている公演を指す)は中国伝統劇中劇中の人物内心と思想感情を著しく表現する一種の浪漫主義技法である。 伝説での "変瞼"は古代人類が凶悪なけだものたちを対処するために自分の顔にいろいろな形態の絵を描いたの…

紫砂壺

中国は茶文化の起源地で茶具は茶文化で除くことができない重要な一部分である。茶具中でも紫砂壷(江蘇省宜興で生産される陶磁器用土である紫砂で作った急須)が一番有名だ。紫砂壷は詩と書道、 絵を一体化した工芸で作られることで有名で中国伝統文化の宝物の一つで数えられる。紫砂壷が現れた年代は実証が難しい。ただ少…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?