作成日 : 2008-07-28 13:54|HIT : 4036
仏像と仏画芸術

古代の仏教絵画仏教の流入と共に復興し始めたが、者の流入途と流入方式は違うのである。_?xml_:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

像建造は元陀によって禁止されていることとしてずいぶん前仏教わった初期には菩提樹と陀の足跡だけで陀の存在を暗示した。

漢朝末期から魏晋時代の間に仏教は中原で迅速な普及され、仏教のお坊さんと士大夫は合流し仏教教理の普及を加速化させた。 同時に一部士大夫も像建造などの活動に加することができた。

仏教の普及初期の像建造禁止と違い中原地域で徐徐に仏教の理念を受け入れてから像建造も受け止め始め、重視、 融合された。中国仏画芸術は何世紀の成長と展をって来ながら古代ギリシアとロマ及びペルシャなど家の造形を融合させることと同時に古代インド地域の文化を結合させて徐徐に成熟の道に進んだ。

仏画芸術展過程中徐徐に自信感と中文化の包容能力を反映するように中国文化と芸術の生を維持しながら各種有機的な成分を取って絶えず活力を入れように発展した。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3