中国少数民族

53 コーラオ族

페이지 정보

본문

2055573017_fbe1bfec_54.jpg

人口は約43万8200人。 

 主に貴州省の北西、南西、北部に分散して住んでおり、少数の人たちが広西チワン族自治区と雲南省に住んでいる。  

 コーラオ族の言葉を使用し、漢・チベット語系に属し、語派は未定である。稿、阿欧、哈給、多羅の四つの方言に分かれている。分散して暮らしているため、中国語がすでに公用語となり、多くの人びとはミャオ族の言葉、イー族の言葉、プイ族の言葉に精通している。  

 この民族は文字を持たない。公用語は中国語。

 コーラオ族は多くの神を信奉し、祖先を崇拝している。

 コーラオ族の人びとと中国古代の「僚」人(発音は老と同じである)は密接な関係があった。約2000年の前に、古代の僚人は貴州省に定住して農業にたずさわり、その後絶えず移住を繰り返してその他の地区に定住するようになった。明の頃から、多くの史籍に「懍石(コーラオ)、古代は僚と称する」という記載が見られるようになった。コーラオ族の人びとは主に農業に従事し、トウモロコシの栽培を主とし、イネ、麦、イモなども栽培していた。清の頃に、コーラオ族の人びとの間に専門のかじ屋が現れ、すきを鋳造し、鳥撃ち銃をつくり、人々に「かじ屋の懍石」と称されていた。コーラオ族の人びとは長期にわたって漢族の人びとと一緒に暮らしてきたため、生活の習わしなどの面ですでに現地の漢族と似ているが、今なお一部の自民族特有の文化行事、祭日の祝典、飲食の習慣を保っている。コーラオ族は人数が少なくて分散して暮らしているため、それぞれの間に大きな違いがあり、言語さえ大きな違いがあり、往々にして同じの県に住む一族の人たちの間でも言葉が通じない。新中国成立以前、コーラオ族の人びとは貧しい生活をしていた。新中国成立以後、コーラオ族の人びとは民族平等の権利を享受し、生産水準が絶えず向上し、生活水準も向上し続けている。

記事の出所:人民中国

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 53건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 83 명
  • 오늘 방문자 744 명
  • 어제 방문자 811 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 48,192 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개