作成日 : 2008-07-29 15:29|HIT : 7807
中国歴史中の4大醜女

1. 雖ォ母: 原古時代(黄帝)の妻として外貌夜叉の形をしており、醜くて比類が無い程と伝わる。豎演、子渊《四子隶イ德隶コ》では“雖ォ母倭傀,善誉者不能掩其丑。”屈原《九章"惜往日》では“螯忠タ冶之芬芳兮,雖ォ母蟋」而自好。”と記載されています。
しかし雖ォ母は徳行と知恵として当時女性たちの模範で数えられたので皇帝は彼を嫁に入れた。彼女はその時期の人々に蜈サ蚕と徳行を教えたし、皇帝を手伝って蚩尤と炎帝を撃破したと言う。


2.鍾離春――戦国時代の齊宣王の皇后

歴史の記載では彼女を“40になっても独身”“きわめて醜くて類がない”、“深く凹んだ目、太い小腹 皮膚が真っ黒”などと描写しています。
彼女は命を掛けて鮨瑞驩、に直接会って彼の腐敗性を指摘したことで鮨瑞驩、の王后になったと伝えてます。


3.孟光――後漢の名士の梁鴻の妻

東漢時代の賢士である洋紅の妻として中国古代 "賢婦"の代名詞と呼ばれる孟光は肌が黒くて顔が醜いようだったが夫を大事に仕えたし家庭の大変な仕事を引き受けてした。"(挙案斉眉、 夫婦がお互いに尊ぶ, すなわち孟光はご主人に食膳をあげる時必ず自分の目の高さまで食膳を持ち上げて)"という話もここで伝わったのである。

4.阮氏――東晋の名士である許允の妻

荳恊W時代の隶ク允の妻で醜い外貌のため結婚初日夜に新郎がビックリして逃げたということが伝わっている。 しかし阮氏はきれいな品行と高い見識など4徳(婦德、婦言、婦容、婦功の4種類の徳行)でご主人を仕えて二人は幸せに一生を送ったと言う。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3