作成日 : 2008-07-28 12:05|HIT : 6950
玉皇上帝

玉皇上帝は道教で崇拜する最高の神様のだけではなく中国民間で知名度が一番高くて一番崇拜する神さまでもある

中国の民間伝説の中で玉皇上帝は最高の神様であり天宮の派手な宮殿の中で暮している。玉皇上帝の部下は仏教、道教及び各種伝説の中の神様を含んでいる。

玉皇上帝の来由は最初上古時代人々の天帝崇拜で祈願されたのである。東漢時期(25年~220年)道教が形成されながら玉皇上帝は地位がとても高い神さまで思われた。

 唐朝時に来て玉皇上帝は確かな信仰対象になったしその後の唐朝と宋朝二つの時代の王朝は皆道教を崇尚したし玉皇上帝に関する諸説は徐徐に完成されて一般中国人の生活に大きい影響を及ぼし始めた。
すべての道館には玉皇上帝の塑像が置かれていたし専門的に玉皇上帝のために建立した "玉皇蠎餀", "玉皇館", "玉皇閣" など宮館もあった。

道教は毎年旧暦1月9日を誕生日にするのに時になれば人々は盛大な儀式と祭祀祈祷をするようになる。
 その後にこういった漢族の信仰は中国その他民族にも伝えたし玉皇上帝は中国人が一番崇尚する神様になったのである。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3