作成日 : 2008-07-28 11:55|HIT : 5631
金庸 

金庸 中国武侠小説の巨匠


金庸.1924は数十年間中国文壇の奇人と同時に小説の巨匠で脚光を浴びて来た歴史武侠小説の大家である。
金庸は豊かな想像力と海博な知識を土台でスケールが雄大で勢いが力強い作品を発表して神筆の境地に至ったという評価を受けている。

読者が千万人が越えることに集計されている金庸の小説は東南アジア、台湾、 香港、日本、 中国大陸はもちろん欧米国まで広くその読者層を確保している。
中国小説の金字塔である "紅樓夢" を研究する学問を(紅学)と言うように金庸の作品を研究する(金学)研究もますます活発になっている。
バークリー大学とスタンフォード大学では金庸の作品をずっと中国文学の副教材として採択しているし、中国台湾で発刊された金学研究叢書だけも 18冊に至る。
 中国文科系の最高名門大北京大学中文係とも "金庸小説の研究"という科目を設置している。

金庸作品の時代設定は大部分が歴史の転機に設定され、混乱する社会の中で主人公が活躍する。
もちろん主人公は加工の人物だが、その周りに該当の時期に生存した実際の歴史上の人物がバイプレーヤーとして多数登場する。 

1995年金庸は [20世紀中国文学大師文庫]から魎$v、 沈从文、 巴金と共に現代中国の代表的な4大作家に選定された。


主な作品と時代背景

天竜八部
主人公たちが登場する時代は 1091~1093年まで 3年間で宋哲宗元祐6年から8年までの間を時代背景にした。

射雕英雄伝
主人公たちの登場する時代は 1199~1227年まで 29年間で宋英宗慶元5年から宋理宗宝慶3年までを時代背景にした。

神雕侠侶
主人公たちの登場する時代は 1237~1260年まで 23年間で宋理宗端平4年から宋理宗景定元年までを時代背景にした。
 
倚天屠竜記
主人公たちの登場する時代は 1260~1367年まで 108年間で宋理宗景定元年から明太祖洪武 元年までを時代背景にした。

笑傲江湖
主人公たちの登場時代は 1500から 5年間で、 明孝宗弘治年間時代背景にした。
 
碧血劍
主人公たちの登場時代は 1633~1644年まで 12年間で明崇禎 6年から 17年までを時代背景にした。

鹿鼎記
主人公たちの登場時代は 1667~1689年まで 23年間で清康煕6年から28年までを時代背景にした。

書剣恩仇録
主人公たちの登場時代は 1753~1758年まで 6年間で清乾隆18年から 23年までを時代背景にした。
 
飛狐外伝
主人公たちの登場時代は 1764~1768年まで 5年間で清乾隆29年から33年までを時代背景にした。
 
雪山飛狐
主人公たちが 1780年、清乾隆45年の二日間に経験したことを書いた。
コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3