毛沢東 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


毛沢東

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,533회 작성일 10-01-27 23:29

본문


毛沢東(1893~1976)は中国人民の指導者、マルクス主義者、無産階級革命家、戦略家で中国共産党と中国人民解放軍、中華人民共和国の創設者と同時に指導者でありながら、詩人であり書道家でもある。

中国共産党中央軍事委員会主席(1936~1976)、中国共産党中央政治局主席(1943~1945)と中央委員会主席(1945~1976)、中華人民共和国中央人民政府主席(1949~1954)と中華人民共和国主席(1954~1959)を歴任した。 者は潤之、ペンネームは子任で1893年12月26日湖南湘潭韶山沖のある農家で生まれて1976年9月9日に北京で亡くなった。
1911年辛亥革命が勃発した以後毛沢東は湖南で蜂起した新軍部に加担して革命活動を始めた。

1913~191 8年湖南第一師範学校に在学。
1919年長沙で≪湘江評論≫を創刊。
1920年新民学会と俄羅斯研究会を組織してマルクス主義を積極的に宣伝した。 同じ年に湖南で共産主義組織を創設した。

□1921年7月中国共産党第一次全国代表大会に参加。
その後中国共産党湘区委員会書記、中国労働組合湖南支社主任、湖南省共団連合会主任、湖南省共団連合会総幹事を歴任して長沙、安源などの地の労組活動を導いた。

第一次国共合作時期の1923年6月に毛沢東は中国共産党3次大会で中央執行委員に当選するということによって中央に進出した。 1924年孫文の国民党改革作業を助けるために参加した。 国民党1次大会と2次大会で中央候補執行委員に当選して宣伝部代理部長を歴任した。 1926年第6期広州農民運動講習所を主管した。 11月上海に行って中国共産党中央農民運動委員会書記を歴任。

1927年武漢に行って全国農民協会総幹事を歴任して中央農民運動講習所を主管した。 この時期に<中国社会各階級の分析>と<湖南農民運動考察報告>を発表して無産階級の指導権と農民同盟による革命展開を主張して、陳独秀の右傾投降主義を批判したが、ここで毛沢東思想の萌芽をのぞくことができる。

国共合作が完全に決裂した以後中国共産党中央は1927年8月7日武漢で緊急会議を招集したが、ここで毛沢東は"政権は銃口から出る(槍杆子里面出政権)"と言う有名な論理を主張して、臨時中央政治局候補委員に当選された。 会議が終わった以後 湘襍」に行って秋収蜂起を起こして農工革命軍第1師団(第一師)を創設した。 その後また部隊を導いて井岡山に行って土地革命を起こして最初の農村革命根拠地を創立した。

□1928年4月朱徳と陳毅が導く南昌起義と連合して中国工農紅軍第4軍を構成して党代表を歴任した。 5月に中国共産党湘襍」地域第一次代表大会で特委書記に当選した以後中国共産党第4軍先鋒委員会書記を歴任した。

この時期に毛沢東はその時までの経験を総括して<中国の紅色政権はなぜ存在するのか>,<井岡山の闘争>、<小さい火の粉が野原を焼くことができる(星星之火,可以燎原)>などの著作を発表して、農村から都市を包囲して武力で政権を奪取しようという戦略思想を提起した。 ここで中国的特色を整えた新民主主義革命で勝利を勝ち取ろうという毛沢東思想が形成され始めたことが分かる。

1930年8月,中国工農紅軍第1方面軍戦線指揮委員会書記兼総政治委員を歴任した。

1931年中国共産党中央ソビエト地域中央局委員、代理書記、中央革命軍事委員会副主席兼総政治部主任を歴任した。 同じ年11月に中華ソビエト共和国臨時中央政府が江西瑞金で成立して主席に当選した。 1930年12月から1933年2月まで朱徳が導く紅一方面軍と連合して国民党の4回に渡る大規模軍事討伐を粉砕した。

1933年中国共産党中央政治局委員に当選した。 王明を代表とする左傾冒険主義者などが毛沢東の中国革命と中国革命戦争の指導方針に反対して中央革命根拠地に進入した。 彼らは毛沢東に対する党と紅軍の領導的地位を排斥して他の路線を選ぶということによって国民党の第5次軍事討伐抵抗に失敗を招いてきた。
1934年10月,中国共産党中央と紅一方面軍はやむを得ず、ソピエト地域から退いて長征を始めなければならなかった。

1935年1月に長征途中に貴州省遵義で中国共産党中央政治局拡大会議を招集して毛沢東に対する領導的地位を確立して王明の左傾路線統治を終結させた。 その後継続して張国燾の右傾分裂主義を粉砕して長征の成功を成し遂げた。紅一、紅二、紅四方面軍など3大紅軍主力部隊は陝北で合流して救国抗日の新しい局面を展開した。

1935年12月に日帝の大陸侵略が本格化して全面的な危機を迎えることになって、毛沢東は瓦窯堡会議で<日本帝国主義策略反対論>を発表して抗日民族統一戦線建設に対する理論と政策を樹立した。


□1936年から中央軍事委員会主席を歴任。
抗日戦争を迎えて幹部らの水準を向上させて教条主義を克服するために、1937年哲学著作の<実践論>と<矛盾論>を発表してマルクス主義の認識論と弁証法を発展させた。

1937年7月、抗日戦争の全面的な勃発で毛沢東は中国人民を指導して後方遊撃戦を展開して抗日根拠地を建設した。 <抗日遊撃戦争議戦略問題>、<論持久戦>等を発表して亡国論、速勝論の誤りを批判して抗日戦争の勝利路線を提示した。 1938年11月に王明の右傾投降主義の誤りを克服するために中国共産党6期6次全党大会で<統一戦線中の自主独立問題>を発表した。

1942年全党大会を招集して整風運動を展開して、思想的、政治的、組織的な面で党の統一を成し遂げるということによって抗日戦争の勝利のための基礎を樹立した。 1943年3月、中国共産党中央政治局主席、中央書記処主席に当選したし、その後継続して死ぬ前まで中央委員会主席を歴任した。

抗日戦争時期に<中国革命と中国共産党>,<新民主主義論>,<論聯合政府>などの著作を発表して中国新民主主義革命の理論、政策と政治、経済、文化綱領を明らかにした。 これは毛沢東思想の成熟を意味する。

抗日戦争で勝利をおさめた後に毛沢東は蒋介石の共産党と共産党の武装力量消滅作戦に対し"尖鋭に対抗する"という闘争方針を提起した。 1945年8月、毛沢東は直接重慶に行って蒋介石と談判して<双十協定>を締結した。 1946年夏、蒋介石は全面的な内戦を宣言した。

1948年9月~1949年1月に遼沈戦闘、淮河戦闘、平津戦闘を指揮して勝利を勝ち取った。 継続して"革命の完遂"を叫んで渡江戦闘で勝利をおさめて、大西南、大西北で進撃して国民党政府を転覆させた。

1949年3月,中国共産党7期2中全会を招集して党の事業中心を農村から都市に切り替えることを決めて党の基本政策を規定した。

同じ年6月に<論人民民主専政>を発表して中華人民共和国政権の性格と主要政策を発表した。 9月に中国人民政治協商会の第1期全体会議を招集して<中国人民政治協商会共同岡領)>を制定して中央人民政府を誕生させて主席に当選した。

□1949年10月1日北京天安門で中華人民共和国の成立を全世界に宣言した。,

中華人民共和国樹立後3年間毛沢東を中心にする中国共産党中央と中央人民政府は土地改革とその他改革を施行した。 一方では米軍が北朝鮮に駐留して中国の東北部を威嚇する状況に備えて北朝鮮を支援して他の一方では迅速に国内経済を回復させた。

1953年毛沢東の建議により中国共産党中央は過渡期に入り込んだ党の総路線を宣言して社会主義工業化と生産手段私有制に対する社会主義改革を体系的に進行した。 1954年第1期全国人民代表大会第1次会議で彼が主導的に基づいた<中華人民共和国憲法>を制定した。 ここで毛沢東は中華人民共和国初代主席(任期5年)に当選した。

1956年4月,<論十大関系>を発表して中国式社会主義建設の方向に対する初歩的な検討を進行した。

同じ年9月、生産手段私有制の社会主義改革が基本的に完成されて、中国共産党は第8次全国代表大会を招集して全国民の主要任務を社会生産力の集中的な発展に切り替えなければなければならないと主張した。 しかしこの方針は着実に施行されることができなくて統治上の誤りを犯すということによって多くの挫折を体験しなければならなかった。

1957年2月に毛沢東は<人民内部矛盾の正確な処理に関する問題>を発表して社会主義社会の中に存在する人民内部の敵対的矛盾を正確に区分して処理しなければならないという主張を提起した。 しかしこの学説は以後毛沢東の活動の中でまともに実行されることができなかった。

1958年毛沢東は大躍進運動と農村の人民公社化運動を起こした。

1960年冬から1965年まで中国共産党中央は国民経済に対する"調整、蟾ゥ固、忠実、向上"の方針を施行して大躍進運動と人民公社化運動の誤りをある程度修正するということによって中国の国民経済は比較的迅速に回復することができた。 この時期に毛沢東は農村事業の中で発生した他の誤りらもある程度正した。 しかしあまり過ぎなくて彼はまた国内の主要矛盾で新しい階級闘争で切り替えた。

50年代から毛沢東は中国に内政干渉をしようとする一切の行為に対しきっぱりと対処するという方針をたてた。 しかし70年代には3世界画分という戦略思想を提起して対外政策に対し新しい局面を開いて、中国の現代化建設に有利な国際条件を用意し始めた。 1966年対内外的の形勢に対する極端な判断で文化大革命を起こす誤りを犯した。 林彪と江青の扇動で10年間も全国を大混乱に抜かしたし、その結果中国は多方面で途方もない損失を受けなければならなかった。

中国人らは毛沢東が自主独立と主権を守護して平和を維持するために始終一貫に帝国主義と覇権主義を反対してきたし、一生を通じて中国革命建設に多くの功績を残したと考えている。 それでまだ大部分の中国人らはこのような彼の功績が過失よりはるかに多いと感じるから相変らず彼を中国人民の偶像で尊敬しているのである。

1981年6月 中国共産党中央11期6中全会で通過した<建国以来党のいくつかの歴史的問題に関する決議>では毛沢東の歴史的地位に対し自ら客観的な結論を下した。 すなわち毛沢東思想は中国でのマルクス主義に対する発展で、それは相変らず中国共産党の中心思想であり、中国人民の大切な精神的遺産というものであると決めた。

毛沢東の主要著作は全部≪毛沢東選集≫をはじめとして≪毛沢東書信選集≫, ≪毛沢東農村調査選集≫、≪毛沢東新聞工作文選≫、≪毛沢東詩詞選≫ などに収録されている。 毛沢東は膝下に3男2女を置いたが、長男は朝鮮戦争で犠牲になった。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
419
어제
550
최대
580
전체
6,547


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.