作成日 : 2009-05-25 11:44|HIT : 7118
皇帝と炎帝

皇帝と炎帝-中華民族の始祖


皇帝と炎帝は中華民族の共同の始祖と呼ばれる。 世界大部分民族の文明が神話伝説、 または敍事詩で起源されたことと同じく、 炎帝と皇帝も中国太古伝説中の人物である。 中国人たちは炎帝と皇帝を自分の先祖として高く仕える。 しかし炎帝と皇帝の真実性に対する歴史的の根拠は現在まで欠乏する。
一般説によれば、 炎帝と皇帝はそれぞれ中国原始社会中二つの部落の首領を示す。 伝説によると炎帝族と皇帝族は最初の頃は中国西部の陜西省一帯に居住した。 こちらは中国の 母親河と呼ばれる黄河の経由地であり、これは世界のすべての文明が川の沿岸地域で起源したということと一致する。 その後皇帝族は北方の河北省北部に定着して炎帝族は東部の山東地域に定着するようになったと伝わる。
繰り返された移転と戦争、 合併を通じて皇帝族と炎帝族は東方に居住した彝族と南方の黎族、 苗族などと徐徐に融合されて最初の華族と統一された。 当時中原地域の民族と部落の中で皇帝族が比較的強くて文明程度も比較的高くて中原文化の代表になったし、炎帝と皇帝は漢族の始祖になった。
紀元前2世紀から華族を漢族と呼び始めたので人々は中華民族をよく炎皇子孫、または皇帝子孫だと呼ぶ。
コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3