作成日 : 2009-08-27 17:05|HIT : 24198
中国の龍文化

中国"龍"文化


中国人はよく龍の子孫、龍の後継者と自負する。 ‘龍’は中国文化で特殊な意味を持った神と同じ存在で世界各地で中国血統を連係できる唯一の共同文化でまた中国歴史と文明を象徴する代名詞の役割をする。
龍は現実世界に存在しない想像上の動物で伝説では龍の角は鹿角と同じで頭はラクダ頭、目はウサギ、耳は牛、からだは蛇、うろこは鯉、足は鷹に似たと説明している。
伝説では龍を神秘な力を持った神に例えて空を飛ぶことができて人間世の中の水と火を支配してせきを一度すれば大地に豪雨が降り注いで息を一度吹くと大地が瞬間に凍りつく神秘な能力を持った存在に伝えられる。
現在にきて龍は精神的な財産ですべての中国人が共同所有しているが、封建社会では皇室家族だけ使用できる皇権の象徴であった。 歴代皇帝は自身を龍の化身だと称したし着る服装、使う物品および居住する皇宮まで皆龍の絵で飾った。皇室家族でない人が龍を使う場合には逆賊罪で命を失うこともあった。
最も早い時期に使われたと推定される龍は約7,000年余り前の新石器時代の墓で発見されたが龍が描かれた壁画中に他の動物も描かれており、この中で龍図案が最も躍動感あるように描写されたし、また他の動物図案と違うように特殊な地位に浮び上がってその時から龍はすでに神として優遇されたと推測される。
龍の起源:
‘龍文化’の起源に対し多様な観点が存在しており出現時期に対しても正確な答案をさがせられない。 現在最も普遍的な観点では龍トーテムを崇拝した色々な原始部落が一つで統一されて各自崇拝した動物の特徴を一つで統合して創り出したという学説が一番有力である。
最近考古学研究結果によれば新石器時代に中国北方で生活した民族は熊と虎を崇拝したし、南方に居住する住民はワニ、鳥、鯉を崇拝したし西側に生活した遊牧民族は蛇と鷹を崇拝したし東側に生活した民族は鹿と鳥を崇拝したことが分かった。
原始社会遺跡地で発掘された壁画と陶磁器に描かれたトーテムは地域によって大いに違ったが約5000年前文明社会に入って各種動物トーテムがほとんど消えて龍図案に変わった。
 
7000年余り前に先史時代の人々は家畜育てる方法を体得したし農作業も始めたが虎、熊、蛇と同じ猛獣を対処する方法はまだ捜し出すことができなかった。 長期的な威嚇と恐怖の中で順次猛獣に対する崇拝が形成されたし、続けて猛獣を神と同じ存在で大事に保管したのだ。
後に色々な部落が一つに統一されて各自崇拝した動物が一つで統合されたし続けて龍が現われて威厳と権力の象徴になった。

龍に関する伝説:
数千年の間に龍はずっと人間世の中の水と雨、寒さを管理する神で優遇されたし、また龍王が海と湖および河川を治めるという伝説が伝えられた。
まだ一部地域では数百年前に龍王を祀る場所で利用した龍王墓を探してみられるしまた龍王を記念するための龍舟競技、龍灯、龍遊び等行事が続いている。 特に大きい湖や海周辺で生活する漁民はまだ龍王を最高神霊にむかえており定期的に各種祭事を行っている。

龍に関連した言語表現:
霍・セ咎葎- 難しい門の敷居を跳び越えて龍が空をはいあがるようなもので昇格する。
龍潭虎穴-龍や虎が居住する所ですなわち非常に危険なところを言う
龍馬精神-力が旺盛で健全で活気に満ちる精神を言う
龍閻セ虎霍茀-威風堂々として非常に活発なのを指す。
龍争虎斗-双方が互いに猛烈に戦う
蔵龍蜊ァ虎-隠れた龍と横になった虎。すなわち実力が強い人が隠れているとの事。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3