作成日 : 2009-05-31 22:31|HIT : 11151
中国結び

中国結びは中国で独特な手工工芸品として数千年の歴史を持っている。上古時代から起源して唐と宋国の時大きく発展したし、明と清国の時一番多い人気をあつめた。 今日に至っても相変らず中国伝統文化の代表で人々から愛されている。

神を象徴する結び
中国結びは長い歴史を持っているし、悠久な文化的融化で中国結びに独特の内容を付与するようになった。 “縄”は “神”と発音が似ていて中国文化の創始期に縄を崇拜したことがあった。また中国人は竜の子孫で縄は竜の模様を持っていて神聖なイメージを現わしたりする。

仕事と契約を代表する結び。
昔から人々は結び目を結んで仕事を始める習慣があった。東漢鄭玄の『周易注』によると大きい事なら大きい結び目で、小さな事なら小さな結び目で縄で結び目を結んで約束を締結すると記載した。結び目は約束、 契約を代表する法律機能を持つだけでなく歴史事件を記載する作用もあって人々の尊敬を受けている。

愛情を代表する結び
昔に人々は絹で連環式柄の結び目を通じてお互いに愛する心を表示して同心結だと呼んだ。宋国の有名な詩人である張先は“心は詰む網があり、網の中に千万の結び目を持っている”という詩句があったが、振られた後女が彼氏を偲ぶ散乱な心を描いた。古典文学の中で結び目は男女間の愛情を象徴して人の感情が豊かな位結び目も絶えず変化する。唐国のあかがね鏡の図案には口に結び目を銜えた鳥が見えるが、変わらない婚姻を代表する。
男女間の婚姻を結で表示する。例えば結莠イ、結髪、結婚、 結合等であり、同心結は男女間愛の証拠物になった。 結髪夫婦は新婚時男女がそれぞれの髪の一粟を一緒に結んで永遠な愛を示すという昔の話から出たのだ。 その外“結義”、 “結社”、“結拜”、“結盟”、“団結”など一緒に集まるという意味を含んだ単語たちもある。

身なりの結び目
最初の服はボタン、チャックみたいな置物がなかったし、人々は結び目を通じて置物を服に結んだ。昔の人々は印鑑を服に結ぶ習慣があるから今日まで保存した古代印鑑は皆穴が付いているし、あかがね鏡の後面の中心部位にも穴があるのに縄で身に結ぶことができる。中国5000余年の服装歴史を見れば縄で腰に結ぶ “s”模様の飾りから周国の印綬、唐国の絹結び目、宋国の玉環結び目に経って明国と清国の(旗袍)上の結び目ボタンまで、タバコ袋から、香嚢、玉佩、団扇飾り、かんざしまで皆結び目を使って発展して来た。

幸運を代表する結び
中国結は長寿、健康、幸せ、富裕、幸せ、安全などめでたい意味を持ったりして悪魔を追い出すとか災難を避ける神秘な宗教的機能を持つからといって護身用や代代に伝わる吉兆になっている。
ファッション結び
今日に中国結は工芸品で風格が高級した贈り物や置物で使われているだけでなく衣類でもよく見られてファッションの重要な要素になって若者達が好んでいる。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3