作成日 : 2009-05-31 22:01|HIT : 7896
蠍落R道教

道教は黄帝と老子をドグマにした中国の土着宗教で、先秦、斉国時期に盛んだ巫術と神仙術法は中国最初の道教原型である。道教は後漢時期沛国の張道陵が初創したことで伝わっているのに張道陵は初期に五経を勉強している途中晩年に長生道を学んで金丹法を悟った後鵠鳴山に入って道書24編を作って信者を集めた。

数百年の発展を経って中国道教は多くの派閥で分類されたが、南北朝時期に至って嵩山 道士寇兼之が新天師道を創設した。寇謙之が伝来宗教である仏教の刺激を受けて儀礼の側面を大幅に採択して道教を天師道と改称することで宗教的な教理と組職が初めて整備された。後を引き継いで南朝時期廬山道士陸修静が南天師道を、 金、元時期に王重陽は山東膠東で全真教を創始して道教の戒律と意識規範は徐徐に系統的に発展して治者が崇尚する正統宗教になった。 その中で北天師道と全真教は山東で影響力が最大の道教派閥で発展して現在山東道教文化のための土台を磨いておいた。 元朝時期に至って全真教は中国で影響力が一番広くて民間で大きい勢力を持った道教派閥で発展した。

山東省は中国道教の発源地として多くの道教文化遺跡を保有している。泰山大廟、労山の太清宮、沂山、大基山の道士谷、煙台の逢莱閣、五峰山、昆崙山、 峰山など道教文化遺跡たちは現在中国の重点保護道教遺跡と認められている。

唐国(紀元904年)に建設した蠍落R道教建築遺跡太清宮、 太平興国院、上清螳ォ、神清螳ォは中国で現在まで保有した最高建築規模の道教文化遺産だ。太清宮はB.C140年、 西漢漢武帝時期に建設した最大の規模の道教建築物だ。道教の主要教派である全真教は ‘元々純粋、純朴な状態で’ 思想を蠍落R自然生態とともに道教理念と教理を広報するのに目的を置いている。敷地面積が 3万平方メートルで建築面積が 2500平方メートルである太清宮は 150個の居間、三官殿、三清殿、三皇殿三つの宮殿で構成された。

蠍落Rは全真教の主要宣教拠点として秦始皇、漢武帝、唐太宗、ジングキスカンなど皇族と文人、 詩人たちが蠍落R道教聖地に足跡を残した。蠍落R道教は中国中医学、養生学、武術、哲学、 宗教文化など方面の文化を継承、 発展させることで中国文化の発展に寄与した。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3