作成日 : 2009-05-31 03:03|HIT : 12799
チャイナドレス-旗袍(チーパオ)

チャイナドレス-旗袍の起源



旗袍の起源は遠くの春秋戦国時期の深衣にさかのぼる。 深衣は春秋戦国時代から漢代まで人々に広く愛された服だ。後世の袍(中国式の長い服)はたぶんこの深衣とどの位淵源関係があるようだ。実は深衣は袍とはちょっと違う。 深衣はツーピース形式で上着とスカートを一つで連結したような效果を現わして、 袍はワンピース形式で上着とスカートの仕分けが全然ない。 後に袍は漸進的に安定した複式スタイルに定着されて発展した。
袍は漢代から官服で使われた。初めにはX字形カラーに幅が広くて、長さが足元まで触れて、 腕の部分が広いのに終りが狭くて、ヒジ部分が円弧形態だった。
袍のスタイルは時代別で違うように現われたが、幅の広くて長さの長いことが一番典型的なことだったし、概して知識人や支配階層でよく着た。
少数民族や遊牧民族地区で流行した袍は一般的に馬乗りや弓術など激しい活動をするのに便利になるように身にぴったり合うのだった。このような袍は概して襟を左にただして腕の部分が狭くて幅が身に当たった。歴史的に漢族たちもこんなに身にぴったり合うスタイルの袍を何回も使用したことがあった。趙の武霊王が推進した胡服(北方遊牧民族服装) 身なりの馬乗りと弓術が比較的に典型的な事例だ。
 
唐代でも胡服は一時に流行ったが、開元(713~741)天宝(742~755) 年間に胡服は胡粧(遊牧民族装い)、 胡騎(遊牧民族の馬乗り)、胡楽(遊牧民族の音楽)と一緒に当時人々の多くの愛を受けた。遼・金・元と清王朝など少数民族政権の統治時期に身にぴったり合う袍は複式の主類を形成した。清代は統治期間が一番長いながらも安定したから袍は典型的な複式で席を取ることができた。
 
[現代の旗袍]
1949年中華人民共和国樹立以後ファッション流行の善導グループは平民だったし、彼らは素朴で実用的なことを追い求めた。衣装において人々の美的追求ははほとんど大部分が革命事業に対する熱気に変化された。旗袍が代表する悠悠自適した淑女形象はこのような社会的雰囲気の中で存在する空間を喪失することで旗袍は衰退期を迎えた。この時期の衣装は単純さと素朴さを重視したが、男性服は中山装、学生服、春秋衫、作業服スタイルのジャケット、軍用コート、 パーカーが主だったし、女性服はワンピーススタイルの連衣裙と列寧装が流行った。 多くの女性たちは前で言った男性服を着したりした。色相は緑、藍色、黒色、灰色など単調な色相が大部分だった。
1956年に至ってこのような状況はちょっと好転した。その理由は旧ソ連の高位級人士が中国を訪問した時、彼は中国人の衣装が社会主義大国の現実に符合しないと指摘したからだと言う。それで1956年から中国政府では国民に柄がある衣装を着るように勧めたのだ。


1956年上海市婦女連合会と美術家協会が共同でファッション展示会を開催した。この時美しい衣装を着るということは再び当たり前の事で受け入れられたし、こういうわけで旗袍もまた新しい位置を占めるようになった。

1950年代の旗袍は旧時代的イメージを完全に脱した。複雑で細細しい飾りを無くして、"実用性、経済性、審美性"の追求を衣装と捺染を含んだ工芸美術界に普遍的に要求した。旗袍のデザインは簡潔ながらも地味で、腰幅は40年代より広くなったし、刺繍とわくなどの飾りをとても少なく使って、色相は優雅ながらも調和さを追い求めた。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3