作成日 : 2009-05-31 03:00|HIT : 50391
三寸金蓮-纏足

纏足の模様が蓮華と似ていてまた中国で"貴"を表現する時"金"字を付けるのが好きな習俗によって中国古代女性の纏足は "金蓮"という美しい名前を持った。
三寸金蓮の発展は概して4段階を経った。
1。 最初には成長発育が止まった女性の二つの足を布地で包んで小さく見えるようにした。
2。 最初の纏足は長さが5寸左右だった。
3。 纏足の全盛期、宋朝から清朝に至るまで纏足は長さが3寸、甚だしくは 2。4寸しかならなかった。
4。 清朝が滅亡した後纏足は3寸で徐徐に 4寸以上に変化した。
唐朝末期に起源された婦女纏足は上で紹介したどおり宋朝時に来てとても盛んだし、該当の文献資料中によく出現する。
元朝時にはモンゴル族生活習俗の影響を受けて宮廷の大部分女性たちは長靴をはくことができた。しかし民間の漢族女性たちは相変らず宋朝時服装制度を受け継いだし、三寸金蓮は持続した。元朝の実際治者たちはモンゴル族だったからモンゴル女性が長靴をはく伝統は元朝民間の"三寸金蓮"の発展にちょっと衝撃を与えた。
明朝以後"三寸金蓮"はさらに発展の趨勢を見せた。明朝時纏足は非常に盛んだし、甚だしくは美人の代名詞になった。小説と民間話の中でも"三寸金蓮"は頻繁に出現したが、これは社会風貌が作家の頭の中での反映だと言える。その外に明朝唐岩が画いた5代話中の"四美人図"は5代服装の影を見ることが出来るだけではなく婦女たちの蓮花模様になった小さくて尖ったような足を見ることが出来る。
清朝順治皇帝時期早く纏足を禁止したし、特に満族たちが纏足することを反対した。 しかし漢族女性たちは相変らず纏足を捨てなかったし、一部の満族たちもじっと纏足を真似して小さくて尖ったような足を追い求めた。現在中国で収集した前史実物 "三寸金蓮"を見ると一番小さな履き物の長さが9cmすなわち2。8寸もならない。漢族男性の履き物は満族の習俗に付いて一般化に進んだが、漢族女性は普通外出が少なくてたとえば外出してもお御輿に座って通ったから"三寸金蓮"は微弱な発展の機会を得るようになった。その後で清朝康煕皇帝時期に"三寸金蓮"は最高峰に至った。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3