伝統服装 漢服 > 中国文化

본문 바로가기

サイト内検索

中国文化

伝統服装 漢服

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-03-06 22:27 view 37,366回 コメント 0件

本文

漢服の起源

生産力が極めて低かった原始時期に服の起源は人類において実用性で始まった。 石器時代の始まった後人々は道具作りと使用方法を悟ったし骨で作った錐と針を発明した。したがって原始服装を創造するようになったのである。約 5000余年前中国新石器時代の仰韶文化時期の人類の生活は徐徐に安定したし原始農業と紡織業が出現し始めた。 その後手で組んだ麻素材の服を作ったし蚕の飼いと紡織を発明しながら人々の服装は徐徐に成熟の段階に立ち入った。

漢服の変化と発展

漢服は中国漢族人民の民族服装として皇帝時期から夏、商、周、秦、漢、三国、南北朝、隋
唐、5代、宋、明朝に至るまで5千年の歴史を経って来ながら日本、韓国など隣国にも影響を及ぼした。
日本の伝統服装の和服は中国唐朝時期呉越地域の漢服から発展されたのに今日にも日本では着物を(呉服)と呼ぶ。漢服は華夏民族の歴史文化情感を寄託したことで華夏民族精神の象徴でもある。

漢服の特徴

模様と構造によって韓服は下のいくつで分けられる

1. "上衣下裳'制(上は襟のある上着、下は裳というスカート状の下衣)

2. "深衣"制(着丈の長い、裾の広がったゆったりした衣服)

3. "襦裙"制(短い上着とスカート)

4. "通裁"制(短い上着, 長いズボン)

5.頭の飾り


なかでも"上衣下裳'帝王と文武百官の正式な礼服で使われたし"深衣"は文武百官の日常服装で庶民の礼服だった。漢服はボタンがなく大きい袖と柔らかい輪郭を特徴にする。古代の漢民族の成年男女は、頭髪を髷巻きにし、笄を刺して固定していた。男子は頭に常に冠、布、帽子を載せていた。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 27件 1 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.