作成日 : 2009-03-06 21:38|HIT : 9058
礼楽文明

世界その他地域の青銅文明は主に青銅兵器と道具だが中国古代青銅器は礼器と楽器を主とする。
B.C. 11世紀頃西周王朝の統治者たちは完全な礼楽制度を新たにつくって国家を管理した。
礼楽文化の強烈な影響の下に中国古代各地域文化は大融合と統一の過程を始めた。 中華文明としての礼楽文化は世界その他古代文明と区別される重要な特徴として礼儀国の美徳が今日まで伝わって相変らず強い生命力を持っている。

礼楽文明の形成
礼楽文明は中国古代文明の重要な構成部分である。既に夏、商、周時代には完璧な礼楽制度を形成したし道徳倫理の礼楽教化を広く普及する事で社会秩序を守護した。

中国古代の 礼と楽は原古時代原始的崇拜から起源された。伝説中の五帝時期の帝王の地位と "宣譲制"は "礼" 意識を形成することはしたが相応した制度が形成されることができなかったし夏朝に至ってからこそ礼儀制度が徐徐に樹立され始めた。

B.C. 11世紀~B.C. 771年の西周時代に統治を強化するために周王朝初期の統治者たちは "諸侯"政策を実施して周王室の貴族たちを各地に分封させて西周の部属国を建立した。 周の武王が死んだ後幼い聖王が王位を受け継いで武王の弟(姫旦)が政事を補佐するようになった。 姫旦は徳と才能を兼備したが礼と樂を作って原古時代から殷商時代の礼楽を発展させたし体系的な法令制度と行動規範を作った。

周の礼は種類が多いのに主に祭祀, 葬礼,交際, 出征, 慶祝など5種で分けられる。 礼の本質は社会人と人の間の区別を強調することとして貴族でも平民でも大人でも子供でもすべての人ごとに皆社会の道徳規範を守らなければならないというのだ。

孔子はこのような礼楽文明を極めてほめたたえたし中国古代礼楽文明を発展させた重要な人物でもある。 彼が一生追い求める理想は西周時代の礼楽制度を回復するのであった。 孔子が礼楽文明に寄与した功労の一つは礼楽文明を継承、普及と発展させて古代礼楽文明を記載した儒家経典- "六経"を整理、伝えたことで他の一つは礼楽を解説対象として礼楽文明の意義を明確にしたのである。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3