作成日 : 2009-01-05 23:23|HIT : 7781
庭園文化

中国古代庭園の中で官吏、商人、地主など個人が所有している庭園を個人庭園と言う。_?xml_:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

魏晋南北朝時代の文人士大夫は現実を回避するために山水に寄託して隠居生活をした。 彼らは住宅周りに山と水があり、美しさを持った小さな庭園を作り始めたがこれがまさに個人庭園の始まりである。 唐朝は中国庭園の全面的発展の時期だったし洛陽一都市だけでも個人庭園が千あまりに達した。

庭園を建立しようとすれば大量の財物が必要である。浙江省は昔から魚米の郷として手工業が発達したし蘇州と杭州一帯は両漢以来からシルクをたくさん生産した。 商業経済の発展と都市の繁栄、 経済の発達は庭園建立に物質的条件を提供してくれた。 18世紀中葉に清朝の乾龍皇帝は6回南下して江南の名山名院を観光した後に江南一帯は庭園建立のブームになった。楊州の一塩商人は乾龍皇帝の寵愛を受けるために自分の豊かな財力を使って楊州で膨大な水上庭園帯を建立しだと言う。 個人庭園と皇族庭園は皆中国伝統的な自然山水庭園だが彼らはそれぞれ自分の特徴を持っている。内容面で皇族園林は特に大型皇族園林は遊覧、生活、観光など多機能を取り揃えたので実際上は封建帝王の離宮でもあった。個人庭園は主に接客、生活、読書、鑑賞の要求を満足させた。規模面では皇族園林は敷地面積が大きくて雄大な気迫と広い視覚的效果を追い求めたし個人庭園は平和で静かな雰囲気、複雑な都市と隔離された夢の中の風景を追い求めた。

 個人庭園の建築理念

1. 構造上霊活して変化可能な手法を採用した。

建築で表現された構造は伝統的な宮殿、寺、四合院、中軸対称の形式を採用したのではなく機能の需要によって不規則的な構造を採用している。また建築物間には屈曲的な小道をたくさん使って真っ直ぐで大きい道路の形式を避けた。

 
2. 自然山水の形象をたくさん模倣している。

自然山水の生態形象を個人庭園の環境の中で再現させようとすれば比例を縮めなければならない。だから芸術家たちは自然山水の形態を観察、研究、総合して造形上の規則を把握した後庭園の需要によって自然の風景を再現させた。


3.
庭園の詳細的な処理に重視する。
個人庭園は皇族庭園の広闊な環境と違い屈曲的で優雅で淡白な空間を所有している。だから庭園内の各種小さな建築科植物などは構造と自然模倣などに気を使わなければならないだけでなく詳細的な処理にも重視しなければならなかった。庭園の合理的な構造配置、飾り、自然山水の模倣、建築科植物の詳細的な処理など手段は完璧な人工的な山水庭園環境を成した。

コメント : 0
  • 目次
  • 前へ
  • 次へ
  •  
    読みランキング
    1/3
    おすすめランキング
    1/3
    人気ランキング
    1/3
    Photo
    1/3